<   2018年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ruin

自分は人の好意を消費して生きていると思う。
ずるい、不誠実だと後ろ指を指されても仕方ない生き方をしていると思う。

自分は人に媚びることが上手いのだと思う。
冷たそうだとか怖そうだとか言われる顔つきをしているけれども、柔らかく暖かいと言われる声と落ち着いた喋り方にギャップがあるようで、それがかえって良い第一印象を与えるのに結びつく。
それを理解しているから、武器にして人に取り入る。

自分としては別段相手によって態度を変えているつもりはないが、この媚びた態度が人懐っこく思われるようで、一定数自分に好意を持ってくれる人というのが出てくる。
中には自分が恋愛感情を持ってそのような態度を取っているのだと思い違いをしている人もいれば、自分が八方美人であることを理解した上で好意を持ってしまったことを嘆く人もいる。

恋愛というものを覚えた高校生の頃から、こういうことはよく起こる。
「彼氏と別れてほしい。俺と付き合ってほしい」
「彼氏がいることは知っている上で勝手に好きになってしまった。気持ちを知っていてくれるだけでいい」
「その気もないのにあんな態度取ってるんじゃねぇよ」
侮辱も含めていろいろな人から、いろいろな言葉をかけられてきた。
相手のためを思えば冷酷に突き放すのが優しさであると思うけれど、それすらもしない残酷な人間なのだ。そもそも、諸悪の根源は自分なのだから言い訳すらもできない。

人から好意を向けられて嫌な気持ちはしない。
でも、本当に相手のことを思う気持ちがあるのならば、「ありがとう」だの「友達として好きだよ」だの、歯切れの悪い言葉で相手を繋ぎとめていてはいけないのだ。
「いつかきっと」の幻想を見させておきながら、その「いつかきっと」は訪れることはない。蛇が獲物を締め付けて殺すように、自分は相手の若さや時間をじわじわと消費して腐らせていく。
蛇ならまだマシだ。最終的には獲物を飲み込んで血肉にするのだから。
自分は締め付けるだけ締め付けて、殺さない。かといって離すわけでもない。
相手がもがいて逃げ出すまでは、恒久的にそのままだ。

でもきっと、いつまでもこんなことをしていられるわけでもない。
こんな生き方もせいぜい若いうちだけで、あと5年もすればそもそも誰も自分になど興味を持たなくなるだろう。
そのときになって自分はある種の呪い染みたものから解放されるのか、報いや制裁を受けるのか、今はまだわからない。
人の若さと時間を奪って生きてきた人間が、若さを失ったときにどうなるのかの答えを知るのは、あと何年後のことだろうか。
ある意味で、楽しみでもある。

[PR]
by innocentl | 2018-09-29 13:23 | 日常 | Trackback | Comments(0)

花火大会

もう9月も後半に差し掛かり、夏が終わってしまった。
ついこの間まで40度近くまで気温が上がり、連日みんな大騒ぎしていたのに、天候の悪さも相まって最高気温が20度を下回る日が続いている。
なんだか、無性に切ない気持ちだ。

今年の夏も彼氏と花火大会へ行った。
友人との旅行の予定が被ってしまったため、毎年行っている最寄りの花火大会には行けなかったのだが、その代わりに翌週行われた別の花火大会へ行った。
何年か前、友人たち10人くらいと一緒に行ったことのある花火大会で、自宅からだと電車で30分くらい離れた場所が会場だった。

「会場の近くに屋台とか出てなかったら嫌だから、ここでいろいろ買っていこう」と、駅近くのセブンイレブンで焼き鳥、唐揚げ、乾きもの、缶チューハイやビールをどっさり買い込み、途中道端に出ていた焼きそば屋の屋台にも寄った。
キャベツも豚肉も入っていない、ただソースで味付けしただけの焼きそばが500円。紅しょうがも青のりもないけれど、「まぁこんなもんだよね」と苦笑しながら彼氏と会場への道を急いだ。

毎年行っている花火大会と違ってどこの場所から花火が良く見えるのかどうか皆目見当がつかなかったので、会場の最寄り駅からまっすぐ北上して、土手に出たところでブルーシートを敷いて早速ビールで乾杯した。

夕方とはいえ酷暑の中を歩いてきたため、既にビールはぬるかった。
具が入っていない焼きそばをつまみにしたが、ソースの味付けすら薄くてまるでしらたきや糸こんにゃくでも食べているかのような感覚に近い。
それでも今年も一緒に花火大会に来られたなぁという嬉しさというか、感慨のようなものの方がやや勝っていたので、なんだか楽しくなってしまった。

10分ほど待っていると、花火大会の開始のアナウンスが流れた。
そして間もなく第一弾の花火が打ちあがった。

大きかった。
会場の土手が大混雑というほど混んでいなかったので、てっきりきれいに見えるスポットはもっと遠いのかとおもっていたけれど、圧倒されるほど大きな花火が目の前に打ちあがった。
ややあって鳴る「ドン」という音も、地鳴りのように腹に響く。
こんなに近くで花火を見たのは初めてかもしれない。

花火大会中に交わした会話は「きれいだね」「大きいね」程度で、後は2人とも黙って酒を飲んで花火を見つめていた。
ストロング系のアルコールを約1時間の花火大会中ずっと飲んでいたので、終了する頃には酔いもけっこう回ってしまい、だいぶご機嫌だった。
よく覚えていないが、帰り道にあった居酒屋でさらにお酒を飲んで「今年も一緒に来られて良かったね」といったような会話をしたような気がする。

来年もまた一緒に行けたら、と思う。

[PR]
by innocentl | 2018-09-27 11:54 | 恋愛 | Trackback | Comments(0)

ゲイの脱毛体験記 その2

さて、ようやくカウンセリングと第一回目の施術を行ってきました。
今回はそのときのことを書いていきたいと思います。

クリニック到着
今回行ったのはメンズリゼ新宿。
新宿駅東口を出て5分くらい歩いたところにあります。
新宿区役所のすぐ隣あたりですね。

エレベーターに乗ってクリニックに入ると、雰囲気は本当に「街の皮膚科」みたいな感じ。
受付のスタッフに「予約していた○○ですけど……」と名乗ると、カウンセリングルームに通されました。

カウンセリング開始
カウンセリングルームでは脱毛箇所の確認と、医師から脱毛方法や脱毛のリスクについての説明を受けます。
レーザーを当てるので火傷のリスクがあるということ、レーザーを当てることによってかえって毛が増えてしまうリスクのある個所もある……などなど、万一のリスクについてもきちんと説明してもらえたので好印象。
仮に皮膚トラブルなどが起こっても、無料で診察・薬の処方をしてくれるとのことでした。

説明に納得できたら、今度は受付スタッフの方に交代。
再診の予約の取り方や、脱毛プランと料金の確認をしました。
その後受付で契約を済ませたら、いよいよ施術開始です。

施術開始
レーザーの機械とベッドのあるシンプルな部屋に通されると、まずは下着を脱いで下半身裸になります(当たり前ですけど)。
今回は初回なので、後々脱毛の効果を確認するようにお尻の写真を撮影。ちょっとはずかしいけれど仕方ないですよね。

脱毛する前には自宅でカミソリ・シェーバーを使って剃毛していかなければならないのですが(脱毛クリームや毛抜きはNG)、剃り残しがあった場合も特に追加料金かかることなく対応してもらえます。
自分でちゃんと剃って行くのが理想ですけれど、今回はお尻ということで場所が場所なだけに処理が難しく、お手伝いしてもらいました……。次はもっと頑張ります……。

さて、肝心のレーザー。
VIO脱毛は腕やスネの脱毛に比べると痛みが強いと聞いていたし、HPでも一番痛みが強いとの情報が載っていたのでかなり構えていたんですけれども……。

全然痛くありませんでした。
いや、レーザーを当てているという関係上、痛いには痛いんですけれども、輪ゴムでパッチンパッチンされてるくらいの痛みかな?ってくらい。焼かれてるって感覚はあります。
痛みに敏感な人は辛いかもしれないですけれど、声が出るとか身体がこわばるってほどの痛みじゃないかなーと、個人的には感じました。
まぁ、どうしても耐えられなければ麻酔を利用するって手もあります。

個人的には軟骨にピアス開けたときの方が痛かったかなーという感じです。


はい、第一回目終わりました。
今のところ水膨れとかにもなっていないので、順調です。

次は11月頃に二回目のレーザー照射に行ってきたいと思います。
また報告します。

[PR]
by innocentl | 2018-09-02 11:32 | 脱毛体験 | Trackback | Comments(0)