人気ブログランキング |

<   2018年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

身体が助けてと叫んでいたとき

ストレスを感じるとすべての人がメンタルを病むわけではなく、メンタル面で鈍感な人は胃に穴が空いたり鼻血が止まらなかったり、身体の方にダメージがいくらしい。

自分はかつて身体からのSOSに気づけず、いや気づいてはいたけれどもその声を無視して適切な処置を怠ってしまった結果、メンタルをぶっ壊した。
恐ろしいことにメンタルを病んでいる最中は「自分はまだ平気」「もっと辛い人もいるだろうし、この程度なんてことない」と自己暗示をかけてしまい、余計に身体と心に負担をかけるという悪循環が生まれる。
「今思えば、あれは身体が叫んでいたんだろうな」と思わせる出来事がいくつかあったので、忘備録的にここに書いておこうと思う。

・手足の皮が剥ける
仕事のストレスがだいぶ続いていた頃、手足が薄いゴム手袋をしているかのように皮が張った(?)ように感じられた後、痒みを伴って皮が剥け始めた。
湿疹のように(ように、というかそのものだが)若干腫れていて、指を曲げると痛かった。
この頃は食事も睡眠も取れていたし、メンタル的には「まだまだやれる」と思っていた。手足の皮が剥けたのも、季節の変わり目だからその手のストレスが原因なのかな?と感じていた。

・ミスが増える
「請求書の日付が先月のままだった」や「振込先口座の番号を間違えた」など、通常の自分だったら絶対に気づいていたはずのミスが増えた。
本来慎重な性格の人間なので、学生時代からこの手のポカミスはほとんどしたことがなかったので驚いた。
今思えばストレスで脳のワーキングメモリーが上手く働いていなかったんだろうなとは思えるけれど、生まれて初めての事態だったのでこのときはただただ焦って「バカになってしまった」「もしかして大人の発達障害ってやつなのでは」と、聞きかじった程度の知識で自分自身をADHDなのではないかと疑っていた。
心療内科に通うようになって医師に確認したが、ADHDは子どもの頃からの性質で判断するので、自分のように「急にADHDの性質のようなものが発現した」場合はうつやストレス障害の可能性が高いのだそうだ。
もちろん子どもの頃から心当たりがある人は仕事のストレスのせいで強く発現している可能性もあるかもしれないが、その判断は専門家に任せた方が賢明だ。

・甘いものを過剰に求める
もともと甘党なのだが、ストレスが多かった時期は甘いものを過剰に求めた。理由は分からない。
ネットで検索すればもっともらしいことを書いた論文などが出てくるが、それが果たして自分に当てはまるものなのかどうかは確信が持てない。
メンタルにダメージを受けると食べ物の味を感じなくなる人が多いそうだ。自分の場合、「辛い」「しょっぱい」など、味自体はわかった。
ただ、それが「おいしさ」に繋がってはいなかったと思う。
チョコレートやアイスは甘みが強いので、そんな状況の中でもほんのり「おいしさ」を感じることができたので好んで食べた。昼飯は板チョコ2枚とバームクーヘンだけ、という日も少なくなかった。

余談だが、「何かを食べたい」と感じることが「食欲がある」という状態だそうだ。
生命活動を維持するためだけに物を摂取することはできる、という状態は「食欲がある」わけではないという。
そういう意味では食欲がなかったのかもしれない。

・文字が読めなくなる
上の記事で詳しく書いているが、極めつけに現れたのは「文字が読めなくなる」ことだった。
文章を目で追うそばから文字が頭から抜け落ちてしまっているように感じられて、「文字を目で追うだけ」しかできなくなってしまった。
仕事のメールも何度読み返しても意味が理解できず、この頃になって「ああ、とうとうだめになってしまったんだな」と自覚することができた。

今から思えば、自分の場合はこれが身体からのSOSだったのだと思う。
次からは怪しいな、と感じた時点で適切な行動がとれるようにしたい。
ストレスを感じていると自覚することは容易ではないので厄介だが、自分の弱点を知っておくだけでもきっと違うだろうから、身体を労わってこれからも生きていきたい。

by innocentl | 2018-03-27 16:18 | 日常 | Trackback | Comments(0)

夜桜見物

c0141313_12532383.jpg
彼氏と夜桜見物をした。
もともと来週末に代々木公園にでも花見に行こうかという話はしていたのだが、今年の東京は予想外に開花が早く、来週には散ってしまいそうだったので仕事終わりに合流して花見に行くことにした。

屋台で焼き鳥数本とビール、たこ焼きと唐揚げを買ってどこか腰を掛けられる場所はないかと探していたら、小川のほとりにちょうど良い石段を見つけたので2人でちょこんと座って桜を見上げた。
大通りから1本外れた小道ということもあって、人通りもほとんどなく静かだった。

一緒に暮らしているので真新しい話題は出ないが、来月妹の結婚式で大阪に行く件が話題に上がった。
彼氏も同じ時期に連休を取れそうとのことで、もし有給が取れたら2人で行こうかという話をした。
一緒に行ったところで初日の夕方から夜にかけてと、翌日の昼過ぎくらいまでしか一緒に行動できる時間は取れないのだが、初めての大阪だし1人でふらつくよりは2人の方がまだ心強いかな、と思う。

20時になると提灯の灯りが消えるので、その後は近くの居酒屋に寄って熱燗と焼酎を何杯か飲んで帰ってきた。
毎年、花見と花火大会、オクトーバーフェストとクリスマスマーケットは欠かさず2人で行くようにしているので、これからもこの機会を大事にしたいなと、ぼんやりと思った。
来年もこうしていられるといいな。

by innocentl | 2018-03-26 12:52 | 日常 | Trackback | Comments(0)

バイク

知人からバッグを借りていたのだが、なかなか返す機会がなかった。
週末Twitterを見ていたら彼が夕方から暇をしていると呟いていたので、「暇ならバッグを返しに行っていいですか?」と聞いたらOKの返事をもらえたため、彼の最寄り駅まで行った。

駅のロータリーで待っていると、バイクに跨った知人が現れて若干面食らった。
話を聞くと伊豆までツーリングに行ってきた帰りだそうだ。
伊豆は5℃くらいしかなかったそうで、だいぶ厚着をしていたのが暖かな春の日にミスマッチだなぁとも感じた。
借りていたバッグを返すと彼は「良かったら少し乗ってく?」と尋ねてきたので、「じゃあお言葉に甘えて」と、後ろに乗せてもらい都内を少し走ることになった。

暖かい日だったけれどバイクに乗ると風を切るので肌寒くて、着ていたライダースジャケットのジッパーを首元まで閉めた。
ライダースという名前だけあって皮のジャケットは風邪を一切通さなく快適で、やっぱりバイク乗りの服なんだなと実感した。

調布から新宿まで二人乗り。
電車に乗っていると退屈に思えるが、バイクだとあっという間だ。
普段は地下鉄での移動が多いから、景色が目まぐるしく変わるのが新鮮で面白い。
新宿に差し掛かると明らかにそれまでとは違い街の光量が多くて、東京って電車で移動するよりも車やバイクで移動したほうが楽しいのかもしれないと思った。
効率で考えれば地下鉄を使った方が良いと思うけれど、気分の問題だ。

新宿駅で降ろしてもらい解散したが、想像以上に楽しかったので「原付でも買おうかな」と思ってしまった。

by innocentl | 2018-03-19 11:09 | 日常 | Trackback | Comments(0)

許せる日が来るのだろうか

妹の結婚式が近づくにつれて、だんだんと、そしてぼんやりと親のことを思い描くことが増えた。
親は午前中の式に参加し、午後のパーティーには出ない。
妹が気を遣って「絶対に」式の参加者とパーティーの参加者が顔を合わせないように会場を計らってくれたこともあり、自分とは入れ違いになる形になる。

家を出たばかりの頃は許せない気持ちや悲しい気持ち、怒りと絶望がぐちゃぐちゃと心を支配していたけれど、最近はなんていうか、無だ。
ふとした瞬間に思い出したりはするけれど、感覚としては小学生の頃の大して仲良くなかったクラスメイトを思い出すような、「そういえば何してるんだろうな」といった気持ちに近いかもしれない。
情もなくなって、気持ちはフラットだ。

by innocentl | 2018-03-16 15:32 | 日常 | Trackback | Comments(0)

具合の悪さ

昨日、なんとなく朝起きたときだるかったので、「午前中休みます」と会社に連絡を入れた。
布団の中でダラダラと過ごしながら、11時半くらいにようやく重い腰を上げて出社した。
「ずる休みしちゃったな」と思っていたのもつかの間、その日のうちに喉に違和感を覚え、今朝起きたら少し腫れているようだ。

「なんとなくだるい」というのは体調を崩す前兆なのかもしれない。
噓から出た真というか、言霊というか……。

by innocentl | 2018-03-14 14:00 | 日常 | Trackback | Comments(0)

やっぱり

フリマアプリで買った海外ブランドのスウェットは、サイズが海外規格で表示されていたのでワンサイズ大きいものだったようだ。
股ずれして穴が空いてしまったデニムと一緒に、服のリフォームをやってくれる店まで持って行った。

スウェットは12cmも裾を切り取るらしい。ワンサイズ違うだけでそこまで切り取るのか、と驚いた。
ポイントを使ったこともあり、定価だと1万を超えるようなものが数百円で購入できたのは良かったけれど、リフォーム代で2000円取られてしまうのはなんだかな、といった感じだ。
しかも写真だけでは判断できなかったのだが、薄手のスウェットかと思いきや裏起毛の秋冬モデルだった。
リフォームが終わるのはだいたい10日後になるので、その頃にはもう暑くて着ていられないかもしれない。

着るのは秋までおあずけかな、と思いながら、リフォーム同意書にサインをした。

by innocentl | 2018-03-05 13:37 | 日常 | Trackback | Comments(0)