残り香

宇多田ヒカルの「残り香」を聴いていると、実家と縁を切って家を飛び出した日のことを思い出す。

「壊れるはずのない物でも 壊れることがあると知ったのは つい先程」
「証明されてない物でも 信じてみようと思ったのは 知らない街の小さな夜が終わる頃」
「飲みかけのワインも忘れ ほろ酔いのあなたと夢を見てた」
「残り香と 私の部屋で 温かいあなたの肩を探す」

多分、宇多田ヒカルはそういう意図で作詞したわけではないと思うけれど、情景が家を飛び出したあの日と被る。
身を寄せる形とはいえ彼氏と一緒に暮らすことに対する期待と不安、初日の夜にお酒を飲んですぐに寝てしまったあのとき。

なんだかいろいろ思い出す。

[PR]
by innocentl | 2018-07-12 12:42 | 日常 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://innocentl.exblog.jp/tb/29628207
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


一緒に食事をしなければいい >>