鹿児島旅行

c0141313_14135032.jpg
鹿児島県へ旅行に行ってきた。

去年、仕事の出張で鹿児島に行ったときは日帰りだったこともあり、満足に観光もできなかったことを飲み会の席などで事あるごとに悔やんでいたら、友人が「じゃあ今度、鹿児島に旅行に行かない?」と提案してくれたので、思い切って行ってきた。

1泊2日で行くため、当初は桜島と市内だけ観光できればいいやと思っていた。特にがっちり予定を詰め込むことなく計画を立てていたが、昨年行ったときも一緒に行動してくれた現地の友人に「今度、友達と鹿児島に行くことになったよ」と連絡を入れると、「じゃあ1日案内するよ」と言ってくれたため、せっかくなのでお言葉に甘えることにした。


朝8時羽田発の飛行機に乗るため、7時過ぎには羽田空港で友人と待ち合わせた。
「何かお土産買ってったほうがいいよね」と話しながら売店を覗いてみるものの、東京土産といえば「これ!」といったものが思いつかなかったので、結局夏季限定の東京ばな奈を2種類買って搭乗口へと向かった。
フライト時間はだいたい90分。DLしたはいいけれどなかなか観られていなかったNetflixのオリジナルドラマなどを観ている間に、あっという間に鹿児島空港に到着した。


空港に到着すると、出口で鹿児島の友人が「何もないところなのによく来てくれたね」といったようなことを言って歓迎してくれた。彼の話す言葉の節々に鹿児島の訛りがあり、去年も彼の訛りが(いい意味で)気になったなぁと思いだした。

霧島神宮を観光したり、日帰り温泉に入ったりした後、桜島の展望台に登って鹿児島湾を眺めた。とにかく天気が良く、夕方ホテルに戻るころには日焼けして顔が赤くなっていた。

その後も鹿児島の友人は自分たちに付き合ってくれ、夕飯を食べてから地元の飲み屋に連れて行ってくれた。
初めて会ったのは20歳前後で、お互い学生だった。初めて会ったクラブイベントの話題や共通の友人が今何をしているかなどで盛り上がったり、仕事の愚痴や転職の話題で話したりしているうちに、あっという間に夜も更け朝になってしまった。
お酒にそんなに強くない彼は代行で帰宅し、自分たちはホテルで仮眠を取ることにした。

翌日は昼食を軽く済ませ、すぐに空港に向かった。
飲みすぎたこともあり、友人と自分はかなり疲れていたので、空港行のバスの中でも爆睡してしまい、帰りの飛行機でもずっと眠っていた。

弾丸旅行だったが、懐かしい友達にも会えて本当に楽しかった。
今さら言っても遅いが、もう少しお酒は控えていれば翌日も観光を楽しめたのかな……と、若干後悔している。
また近いうちに、絶対に鹿児島に行きたいと思う。

[PR]
by innocentl | 2018-05-16 16:53 | 日常 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://innocentl.exblog.jp/tb/29497889
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


短歌 >>