恩義

「彼氏さんのどこが好きなんですか?」と、聞かれることがある。
そう聞かれるたびに、「どこが好きなんだろう」「何に惹かれたんだろう」と自分に問いかける。

月並みだけれども、最初はやっぱり「優しいところ」「おおらかなところ」に惹かれたんだと思う。
人混みや騒がしいところが苦手で、クラブやイベントで大騒ぎするよりはゆっくりと居酒屋や家で飲んでいたいタイプの彼。人付き合いは最低限で、自分の時間を大切にしようとするタイプの人間だ。
自分は騒がしいところが好きというわけではないけれど、寂しいのが苦手なので無理やり人が多いところに身を置いて過ごす方が好きだ。結果として人混みやイベントごとを好むタイプに分類されがちだし、あまり乗り気でなかったとしても飲み会などに誘われればほとんど必ず顔を出す。そういう意味では彼と自分は正反対な気もする。
彼のそうしたどっしり構えたところに、次第に惹かれていったように思う。

でも、今も彼と一緒に居続けている理由はそれではない。
自分がメンタルを病み会社を退職したとき、それまでの友人や家族はみんな離れていってしまったが、彼だけはそばに寄り添ってくれた。

人とは薄情なもので、それまでどんなに仲良しこよしで毎週のように遊んでいても、精神を病んだりお金が無くなったりすると、まるで最初から知り合いですらなかったかのようにすっと離れていってしまう。
でも恨み言を言うのも間違っているとも思う。彼らからすれば、お金がないから社交場に出られない、精神が不安定だからあまり情報を発信できない自分は単に「見えなくなった」だけで、別に「切り捨ててやろう」という意識があって離れていったわけではないのだ。
彼らは彼らで今まで通りのところで、今まで通り過ごしているだけで、むしろ自分の方がその「今まで通りの場所」へ顔を出すことができなくなってしまっているだけだ。その結果、今までの友人と溝ができてしまうだけの話なのだ。

家族からも拒絶されていよいよどうしようかと思い悩んでいた時期に、彼だけは手を差し伸べてくれた。
メンタルが回復しきっていないためにライティングの仕事もほとんどすることができず、家賃も払えない時期もあったし、1日家で寝て過ごしていなければならない時期も、急かしたりすることなく見守ってくれた。
彼がいてくれなければ、冗談や誇張ではなく今頃どこかで野垂れ死にしていたと思う。
そうした恩義があるから、一緒にいたいと感じるのだとも思う。

もちろん恩義や情だけではないけれども、彼の「優しいところ」「おおらかなところ」に加えて、その懐の大きさは惹かれるのに十分値する要素の一つだと思う。
いつか彼が辛い状況になったときは、自分が支えになれるようにしたい。もちろん、そんなことなど起こらない方がいいということは百も承知だけれども。

[PR]
by innocentl | 2018-04-27 18:19 | 恋愛 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://innocentl.exblog.jp/tb/29453597
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< Heaven 大阪 >>