大阪

生まれて初めて行った大阪で驚いたのは、心斎橋の薬局の店員が中国語で客の呼び込みをしていたところだった。
東京でも「中国人熱烈歓迎」「中国語OK」みたいなことが中国語で書かれた垂れ幕を掲げて営業している店は多いけれど、あくまで中国語で対応できる店員がいますよというアピールだけにとどまっているのに対し、大阪では積極的に外国人観光客を集客しているというのにカルチャーショックを受けた。さすが、商人の街だなと感心した。

妹の結婚式を終えた後、会場から10分ほど歩いた場所にあるビジネスホテルへと向かった。部屋に荷物を置き、スーツを脱いでシャワーを浴びようとしていると、彼氏から「新大阪駅に着いたけれど、どの駅に向かえばいい?」というメッセージが入った。
「早かったね。心斎橋か、本町ってところから歩いて来て」と添え、現在地情報を送信してシャワーを浴び、カジュアルな私服に着替えていると彼氏がホテルに到着した。
時刻は17時過ぎにも関わらず、「朝から何も食べてないから、お腹すいた。早く出かけようよ」と急かされてしまったので、また難波の方へ南下して食事ができる店を探すことにした。

それにしても心斎橋の巨大アーケードは関東圏で生まれ育った身からすると圧巻だ。東京にはそもそもアーケード商店街自体が少ないし、ここまで大きなアーケード商店街が存在しているというのが本当に別文化圏に来たんだなということを実感させた。
鹿児島の天文館に行ったときも「アーケードって珍しいな」と感心したが、渋谷くらいの規模感のある街をすっぽりアーケードで覆っているというのが「これが大阪か」と感じさせる。


道頓堀沿いの串カツ屋を何件かハシゴし、夜は堂山にでも行ってみるかという話になった。Jack in the boxというクラブではAMRをやっているようで長蛇の列ができていて、せっかくだし並んでみるかと思い入場するも、中はかなりの人で身動き一つ取れない。
そこで1時間ほどで抜け出して、EXPLOSIONというクラブの方へ行ってみたのだが、週末のイベント営業だというのにAMRに客を取られているのか閑古鳥が鳴いている状態で、店内見渡しても12、3人程度いるかいないかといった状況だった。フロアでも誰も踊っていないし、二丁目のクラブなら今くらいの時間帯にはかなり盛り上がっているのになぁと思ってしまった。
その後持っていたバッグを無くすというトラブルがあり、すっかり気持ちも萎えてしまったのでホテルに戻って飲み直すことになった。結局バッグは見つけられたので問題なかったが、うまく立ち回って堂山の街をもう少し楽しめれば良かったのになと後悔している。


翌朝はホテルをチェックアウトした後、また道頓堀周辺でカフェに入ったり、たこ焼き屋に入ったりして過ごした。
飛行機の時間が14時だったので昼を食べたらすぐに空港に向かう必要があったのだが、彼氏はもう少し大阪を観光してから駅に向かうと言ったため、難波駅のバスターミナルで一旦解散することにした。
行きと同じルートのバスに乗り、伊丹空港へと向かう。その後も、行きの道なりをずっと逆にたどるだけだ。
こうして弾丸の1泊2日の大阪旅行は終了した。

結婚パーティーに参加することがメインということもあり、あまり大阪市内を観光する時間が取れなかったので、次に来るときはもっと計画を立てて街を見てみたいなと思った。
次に行くときは、自分好みのクラブイベントをやっているときに合わせて行くのもいいかもしれないな、とも思う。

[PR]
by innocentl | 2018-04-25 18:17 | 日常 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://innocentl.exblog.jp/tb/29453594
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 恩義 エスコート >>