バイク

知人からバッグを借りていたのだが、なかなか返す機会がなかった。
週末Twitterを見ていたら彼が夕方から暇をしていると呟いていたので、「暇ならバッグを返しに行っていいですか?」と聞いたらOKの返事をもらえたため、彼の最寄り駅まで行った。

駅のロータリーで待っていると、バイクに跨った知人が現れて若干面食らった。
話を聞くと伊豆までツーリングに行ってきた帰りだそうだ。
伊豆は5℃くらいしかなかったそうで、だいぶ厚着をしていたのが暖かな春の日にミスマッチだなぁとも感じた。
借りていたバッグを返すと彼は「良かったら少し乗ってく?」と尋ねてきたので、「じゃあお言葉に甘えて」と、後ろに乗せてもらい都内を少し走ることになった。

暖かい日だったけれどバイクに乗ると風を切るので肌寒くて、着ていたライダースジャケットのジッパーを首元まで閉めた。
ライダースという名前だけあって皮のジャケットは風邪を一切通さなく快適で、やっぱりバイク乗りの服なんだなと実感した。

調布から新宿まで二人乗り。
電車に乗っていると退屈に思えるが、バイクだとあっという間だ。
普段は地下鉄での移動が多いから、景色が目まぐるしく変わるのが新鮮で面白い。
新宿に差し掛かると明らかにそれまでとは違い街の光量が多くて、東京って電車で移動するよりも車やバイクで移動したほうが楽しいのかもしれないと思った。
効率で考えれば地下鉄を使った方が良いと思うけれど、気分の問題だ。

新宿駅で降ろしてもらい解散したが、想像以上に楽しかったので「原付でも買おうかな」と思ってしまった。

[PR]
by innocentl | 2018-03-19 11:09 | 日常 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://innocentl.exblog.jp/tb/29379359
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 夜桜見物 許せる日が来るのだろうか >>