日常の片隅に潜む罠

今朝いつものように駅のホームに立っていたら、視界の片隅にちらつく影が。
ふと気配を感じた方向に目を向けると、そこにはごく自然に、無作為な様子で置いてあるうんこがあった。

おそらく人糞だ。
世間はこれをナチュラルうんこと呼ぶ。

しかしなぜナチュラルうんこが駅のホームに?
本来ナチュラルうんこがふさわしい場所は公園の隅や道端、河原なのに。


なんとも不可解である。
しかしそこで私はこのような仮説を立てた。

深夜、終電を待っている人物が急にもよおし始めた。
駅のトイレまで行ってしまったらきっと終電を逃してしまう。

このようにトイレに行くことが不可能な状態でもよおすことを、「インポッシブルうんこ」という。

そんなインポッシブルうんこに陥ってしまった彼(彼女)に残された道は、「バック・トゥ・ネイチャーうんこ」しかない。
いわゆる野グソである。

きっと様々な葛藤があったのだろう。
その葛藤の答えが「ナチュラルうんこ」なのだ。

これには賛否両論あるだろう。
しかし私個人としては彼(彼女)の的確な判断力を高く評価したいと思う。

確かにナチュラルうんこには批判の声もあるが、便意を我慢して電車に乗り込み、車内で漏らすといった二次災害(エマージェンシー・エクスプロージョン)を未然に防いだことは称えるべき事実だ。

穏やかな朝のひととき、人糞を見つめながら名も知らぬ他人の昨夜の激戦に思いをはせたのであった。


朝の日本人は、そんな人糞を一瞥すらしない。
少しは立ち止まって、様々なものに目を向けるべきであると強く思う。



↑SNSノ日記ノ転載。
元ネタ知ってる人がいることを願う。

こんなことばかり書いてるから、きっと変人扱いされてしまうんでしょうね。
最近気がつきました。
遅い。


この曲聴くと切なくなる。

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 高校生日記ブログへ
[PR]
by innocentl | 2009-03-16 20:34 | 日常 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://innocentl.exblog.jp/tb/11113987
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2009-03-16 22:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by innocentl at 2009-03-17 22:10
ヨシさん> あ、この日記自体は自分が書いたんですけどね…笑
元ネタは別にあるんですけど。

水に流しましょう(笑)


<< もちよ!もちもち!サトウの切り... 2週間ぶり >>