<   2017年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

木漏れ日

c0141313_19183962.jpg


[PR]
by innocentl | 2017-06-27 19:17 | Trackback | Comments(0)

レジャーとしての恋愛

1度付き合うと、自分はわりと長く続く方だと思う。
今の彼氏とも3年を迎える。

というのも「この人とは長続きしそうだな」と思っている人を選んでいるのだから至極当然のことであるのだとは思うけれど、そうではない人も多いらしい。
何度かデートをして舞い上がって、見た目も嫌いじゃないしドキドキして、セックスをして「ああ好きだ」と感じることもあるだろうけれど、それは「恋人ごっこ」を楽しんでいるだけで相手の本質を見て「添い遂げていきたい」と思っているのとは違うと思う。
それは猫やカラスがレジャーとして狩りの真似事をして、食べもしないのに遊びでハトやネズミを殺す行為と似ている。
要は単なるスリリングな「遊び」であるだけなのに、それを本物の恋だの愛だのと錯覚して「付き合いましょう」なんて伝えてしまうから、ちょっとした不一致ですぐに別れるという行為を繰り返すのではないだろうか。

別に1人の人と長く付き合うことが偉いとも思わないが、「長く付き合う相手が欲しいのになぜ」と周囲に漏らしながら恋人をとっかえひっかえして過ごしている人って、自分が見えていなくてダサいなと思う。
そもそも「長く付き合える相手が欲しい」という前提がおかしくないだろうか。
とある人に惹かれていって「この人と長くお付き合いしたいな」と感じるのが順序としては正しいと思うけれど、まず「誰でもいいから付き合いたいな」という前提が来ているのではそりゃあいい相手も見つからないよな、と。
結局のところ「関係性への憧れ」が先に来てしまっていて、肝心の相手の本質を理解しようとする気持ちとか、その手の心が一切ないというのはなかなか自分本位さが露骨に表れていて面白い。「彼氏が欲しいな」という発言自体も「相手はどうであれ、愛してくれる人が欲しいな」という意思が透けて見えてどうかと思うが、それを悪びれずに発言できるというのもいい性格しているなと感じる。

自分は今の恋人とは見た目が好きだの、優しいから好きだの、そういった理由で付き合ってはいない。
もちろん第一印象や最初の数回のデートではそういった部分がフックになっていたところもあるかもしれないが、自分がどん底のときに手を差し伸べて支えてくれたのは彼だけだった。
家族も友人だと思っていた人も、いったん自分が失業やら精神的に参ってしまうやらを経験して「堕ちて」いったら離れていった。
周りに誰もいない状況でも彼だけは支えてくれていたので、自分は恋愛的な「好き」以外にも恩義とか忠誠とか慈愛とか絆とか、そうしたものをすべてひっくるめたものを彼に返していかなければいけないというか、返していこうと思いながら生きている。
それは「愛」だとかいう陳腐な言葉で表現するものとも違うと思う。

「恋愛ごっこ」はただのレジャーだ。
本質はそこにはない。

[PR]
by innocentl | 2017-06-09 18:06 | 恋愛 | Trackback | Comments(0)