<   2016年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

The gay élite

レスリーキーが「The gay élite」と題した写真を発表した。
パリッとしたスーツに身を包んだ男性たちがそれぞれの所属する企業(グーグルや電通のような大企業)の名前を出して写っている。

「今までゲイであるということを隠し、あたかもゲイでないように取り繕ってきた人たちの中にもセクシャルマイノリティーは存在する(しかも、日本人なら誰でも知ってるあの有名企業の中に!)」という意図があって公開されたものだそうだが、これがなかなか賛否両論あるようだ。

もちろんエリートという言葉が持つ独特のニュアンスを汲み取れずに条件反射的に唾を吐きかけてる人もいるけれど、もう少し踏み込んで理解しようとしてみても「うーん……」と思ってしまう要素がある。

仰る通り、今までゲイでないように取り繕ってきた人たちの中にもセクシャルマイノリティーは存在するんだよというメッセージ性があるということは大いに意義があることだと思う。
やりたいことや表現したいこと自体は理解できるのだけれども、それは別に大企業とかエリートに限ったことではないと思うし、今回のキャンペーンによって「やっぱりゲイの人たちってエリートだったり、アートの才能があったり、何か違うのね!」と思われてしまったら意味のないことなのではないだろうか。

ゲイだろうとビアンだろうと普通の人がほとんどなのだということは何度も書いてきた。
メディアが打ち出すパブリックイメージとは反して「一般人の中にもゲイはいるんだよ」ということを伝えたくて僕はおよそ10年前にこのブログを開設したし、初期から徹底して「普通のゲイ」ですとアピールしている。

まぁ普通といっても大学出て企業勤めしたけれど、ドロップアウトしてフリーランスやってというかなり泥臭い経歴であるけれど。
日雇いや性風俗で働いて日々生きるのに精一杯な貧困ゲイだっているし、無職だっているし、「あなたの身の回りにも存在する人たちなんですよ」というメッセージを伝えるにはもう少しどうにかならなかったのだろうか、という印象がある。

まだ写真一枚のビジュアルイメージしか出していない企画なので外野があれこれ言うのも野暮なのかも知れないけれど、インタビューやその後の企画で少しでも何かアクションがあれば望ましいのにな、と泥臭い人生を生きている普通のゲイは思うのだった。

ただ、こうして批判も起こることも見越してのことなんだろう。
まずは注目を集めてから……ということなのだろうか。
[PR]
by innocentl | 2016-10-25 10:23 | 真面目な話 | Trackback | Comments(0)

c0141313_22393757.jpg


[PR]
by innocentl | 2016-10-21 22:39 | Trackback | Comments(0)

昔の思い出

「息子が小さかった頃、清掃車が家の近くに来ると息子と外に出て眺めていた」と話してるおばさんを見て、家族と縁を切って暮らすことを選んだのは自分なのに、なぜか少し切なくなってしまった。
母はたまには自分が子どもだった頃のことを思い出したりもするのだろうか。

まだ小さかった頃は確かに親に愛されていた記憶があるけれども、思春期を迎えて自我が確立されると疎ましく思われていたような気がする。
あるときから意識して親に気に入られるように行動し始めるようになって、表面上はまた仲のいい家族のようになったっけ。

まぁ、もう全て終わったことだし、感傷に浸るだけ時間と精神力の無駄なんだけれども。
[PR]
by innocentl | 2016-10-19 09:01 | 日常 | Trackback | Comments(0)

「メゾン・ド・ヒミコ」が嫌いな理由

「メゾン・ド・ヒミコ」という映画を見た。
結論から言うと、僕はこの映画が嫌いだ。

この映画のあらすじを引用すると

ゲイである父親(田中泯)を嫌い、その存在を否定して生きてきた沙織(柴崎コウ)は、春彦(オダギリジョー)という若い男から父がガンで余命いくばくもないことを知らされる。春彦は父が営むゲイのための老人ホームで働く、父親の恋人だった。

もう少し追加すると、ゲイたちが暮らす老人ホームの手伝いをすることになった沙織もしだいに施設のゲイたちと打ち解けていって……といった感じだ。

ゲイにとって老後はかなり切実な問題だ。
別にセクシャリティ関係なく老後というものは不安なものだと思うけれど、法律上で「夫婦」や「家族」が保障されているヘテロセクシャルと違って、ゲイはパートナーとの関係が保障されているものではないし、仮にパートナーが先だった場合の財産分与や死亡時の手続きなど、現状の制度のままではスムーズにいかないことが多いという問題がある。
法律上「夫婦」ではないわけなので遺族年金が出るわけでもないし、普通にヘテロのみなさんが抱えてる「不安」にプラスしての「不安」がある。

前置きはさておき、「ゲイの老人ホームが題材の映画」というだけでグッと惹かれいざ観てみたものの、全くの期待外れだった。
これは「沙織の物語」であり、沙織の周囲にいるゲイたちは沙織の行動や思考を正当化するためだけに働くただの舞台装置だった。
その登場するゲイたちも「異性愛者が描く、異性愛者たちに都合のよいゲイ」であって、全くもって人物像にゲイとしてのリアリティを感じず、徹底してファンタジー的な存在だった。
つまり沙織の父親がゲイでなくても、舞台がゲイの老人ホームでなくても成立してしまう物語だった。

とにかくゲイの人物はステレオタイプで記号的に描かれており、少女漫画的というかBL的というか、「またこのパターン?」というような陳腐さがあった。

最初の方はその淡々とした空気感や老人ホーム「メゾン・ド・ヒミコ」の美しさに目を引かれたが、登場する「ゲイ」がバイセクシャル、トランスジェンダー、ゲイとごちゃ混ぜだったことにまずは違和感を覚えた。
性のグラデーションをカテゴライズするのもナンセンスなので、そういった部分も全てひっくるめて「ゲイ」として扱ってるのね、と好意的に解釈し直したが、おそらく制作陣に知識がないだけだと思った。
実際この作品の監督、脚本家はゲイの知識がないのだとインタビューで語っていた。

具体的にこの映画を駄作だと判断した部分は大きく分けて以下の2つだ。

山崎さんの扱いが雑すぎる
劇中にはゲイの老人ホームで暮らす「山崎」という男が出てくる。
少しなよっとしたタイプだが、見た目は普通のおじさんの男性だ。
彼は女装願望があり、部屋でこっそりドレスを着たりメイクをして楽しんでいるが、女装した姿は誰にも見せていなかった(し、見られたくなかった)。

ところが主人公の沙織が彼を後押しし、ドレスを着た姿で老人ホームのメンバーと一緒にナイトクラブに出かけようと誘う。

しかしその時の山崎の姿がドレスを着ただけで、ウィッグもかぶっていないしメイクも全くしていない。
首から上は普通におっさんで、ドレスだけ着ているというアンバランスさなのだ。
異装愛者なら「女性に対するあこがれ」があるわけで、表に出るならなおさら「女性らしさ」のエッセンスを取り入れるのではないだろうか。
山崎がトランスジェンダー一歩手前のゲイ男性として描かれているのだとしても同じことが言える。

そうして出かけた先のナイトクラブで、山崎は務めていた会社の同僚に出くわしてしまい「カマ崎」「オカマ野郎だと思ってたら本当にオカマだった」「気持ちわりぃ」と罵倒されてしまう。
これに沙織は憤り口論になるのだが、一緒に来ていた春彦が沙織を止めダンスフロアに連れ出し、その場面は終わってしまう。

ゲイの当事者としてみれば「知人にゲイであることが知られてしまい罵られる」というシチュエーションは観ていて動悸がしてしまうほどシリアスな出来事だ。
予期せぬアウティング、同性愛差別の言葉で罵られる、考えただけで胸が締め付けられる。

その後のことを書けば、「山崎をかばっている沙織の姿を見た春彦は沙織に惹かれ、ゲイであるのにもかかわらず沙織にキスをしてしまう」という場面が展開される。

つまり、ゲイにとってデリケートな問題である「アウティング」は、沙織と春彦の恋愛パート(?)を進めるためだけの舞台装置で、山崎の心中や葛藤については一切触れられていない。
山崎だってゲイであることをひた隠しにして一般企業で定年まで勤めあげてきたのだから、それ相応のバックグラウンドはあるだろう。
「なんであの人結婚しないんだろうね」「なんかナヨナヨしてるしオカマなんじゃない?」と陰口をたたかれてきた過去もあるだろうし、女装の願望があったけれどゲイコミュニティの中でもそれができなかった葛藤もあるだろう。
ストーリーを進行させるためだけの出来事なので、そういったことには一切触れられないのだ。
この辺りの無責任さがまず「あ、この映画つまんないわ」と思わせたきっかけだった。

春彦が沙織とセックスしようとする場面が意味不明
先ほども書いたが、ナイトクラブで元同僚に罵られる山崎を必死でかばう沙織の姿に春彦は心惹かれていく。
後日、2人はセックスをしようと試みる。

ここが意味不明だ。
ヘテロだって何か頑張っている同性の姿を見て「かっこいいな」「あんな風になれたらいいな」と、思うことはあると思うが、それがイコール「キスしたい、セックスしたい」の好きではないだろうと思う。
ゲイだって女に惹かれることはあるという「異性愛者の願望」がにじみ出ていて気持ち悪いシーンだった。
昔の少女漫画でオネエ系の男性が「あなたにだけは惹かれる」と主人公の女に恋愛的なアプローチをするといった場面があったが、まさにそれで「あー、結局『こうだったらいいな』的な少女漫画の陳腐なストーリーか」と完全に冷めてしまった。
「愛に性別は関係ないよね、好きになっちゃったら性別は関係ないよね」といった稚拙で矛盾だらけの同性愛理解を「こういう感じでいいんでしょ」とひけらかしてきただけの場面だった。

しかも春彦は瀕死の恋人の娘とセックスしようとしてるのだが、ヘテロに置き換えると「恋人が瀕死だけど、恋人の息子がなんかかっこいいし惹かれるから俺も一度くらいはホモセックスしてみようかな」的な台本になると思うのだが、滅茶苦茶すぎやしないだろうか。

結局は自分の勘違い
ただ、上に書いたような理由に憤るのは間違いだとも思う。
これはゲイについて取材を行ったうえで作られた作品でも、「ゲイの老後」というデリケートな話題に切り込んだ作品でもなく、「沙織という女の子が父との確執を解消する」少女漫画なのだ。
漫画なので主人公以外の登場人物はすべて舞台装置として機能し、それぞれの登場人物が抱えているであろう心の闇や葛藤には一切触れられない、沙織の物語を彩るだけのただの背景なのだ。

「ゲイの老後について触れた作品」ということだけで、過度な期待をして観た自分が悪いのだ。
少女漫画として観れば空気感もいいし面白いんじゃない?といったレベルで、決してセクシャルマイノリティ当事者がリアリティをもって心動かされたり、ヘテロセクシャルである視聴者に同性愛や老後にまつわる問題について何か一石投じた作品ではないのだ。

映画を見てこんなに不愉快な気分になったのは初めてだったので、長々と書いてしまった。
せめてきちんと取材をして、然るべき人に監修を入れてもらえればもう少し面白かったんじゃないかと思った。

[PR]
by innocentl | 2016-10-18 18:15 | 真面目な話 | Trackback | Comments(1)

ネズミをやる

週に一度、飼っている蛇にネズミをやる。
冷凍庫に入っているピンクマウスを取り出し、人肌より少し熱い程度に温めたお湯につけて解凍する。
しばらくしてネズミが柔らかくなったらしっぽをつまむようにして菜ばしで掴み、蛇のケージに持っていく。

ケージの中にネズミを入れると、想像以上の素早さと力強さを発揮して、あっという間にネズミは蛇に奪われてしまう。
身体をばねのように使って、うまいことネズミに噛みついていく。

エサを飲み込むときに蛇は顎を外すので、ラッパのように大きく開いた口の中にネズミがゆっくりと頭から飲み込まれていく。
飲み込み終わって口を閉じても、お腹(蛇のどこからどこまでが腹なのかはわからないが)がふくれているので、「あ、まだあそこにネズミが入っているんだな」というのが見てわかる。

「あんなお腹になってるのにまだ欲しがってるよ」と、蛇を見て彼氏が笑う。
蛇はケージの中からもの欲しそうに外を眺めて動き回っている。
「ツチノコみたいだね」と、その様子を見て僕も言う。

それだけの日常。

[PR]
by innocentl | 2016-10-07 16:08 | 日常 | Trackback | Comments(0)