<   2015年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

明るく見える

「人生楽しんでそう。悩みとかそんなにないんじゃない?」と言われることが多い。
人と会ってるときは明るく話しているので、楽観的に見えるのだろう。

もちろん悩みは尽きないしそんなことはないのだが、人に内面を悟られないというのはある意味気楽でもあり弱点でもあり、といった感じだ。
自分じゃどうしようもできないことは人に愚痴の一つでもこぼしたくはなる。
だが、愚痴をこぼす前に自分で何かしらの手を打てば解決する希望がありそうな問題の場合は、黙って解決に向けて行動してしまう。
結果「明るくて面白くて、愚痴やネガティブなことをあまり言わない人」というイメージが作られているのだろう。

まぁ、今がどん底だとしたら、あとは良くなる一方だ。
気楽に行こう。

人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。

[PR]
by innocentl | 2015-10-27 18:21 | 日常 | Trackback | Comments(0)

ダブルワーク

ダブルワークで夕方からアルバイトをすることにした。
ラブホテルでバイトをする。
なぜラブホテルなのかというと、昼間は昼の仕事をしているので夜からしか働けないし、時給が普通のバイトに比べれば良いことが理由だ。
夜から働くならコンビニでもファミレスでもいいじゃないかと思われるかもしれないが、今更高校生や大学生に混じってアルバイトをするのが精神的に辛いというのもある。

基本的に一人で受付に座っていればいいし、客が来ない間はPCを使って仕事をしていても良いし、ピアスを付けっぱなしでもいいというのもありがたい。
都内にある普通のホテルと大差ない造りで、サービスもそこそこのラブホテルは知らないが、地方のラブホテルはこんな感じだ。
昔ながらの、顔をあわせないように手元だけ金銭受け渡し用の穴が空いているようなカウンターの受付だ。

とにかく、ライティングの仕事を増やさないと。
今の仕事関連で広がっていくならライティング限定の希望ってわけでもないのだが、まぁ駆け出しのライターが食っていけるようになるにはまだまだ時間がかかるだろう。
常にアンテナを張って、チャンスを逃さないように行動しなくては。

今の仕事で経験を積んでから、企業に就職したっていいんだから。
今は耐えるときなのだろう。

人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。

[PR]
by innocentl | 2015-10-25 17:25 | 日常 | Trackback | Comments(0)

半端者

「顔は合格点だと思うけど、体型は正直いって中途半端だね」

夜の仕事をしている人から、こう評価された。
カテゴライズしづらい、とも言われた。
ごもっともだと自分でも思った。

自分はけっこうゲイにモテてきたほうだけれども、その理由は体型のセックスアピールではなく、顔や性格が大部分をしめている。
そんなに悪い性格はしていないと自負しているし、顔もシンプルだけれども男っぽい、アクのない平均顔をしていると思う。
何もしなくてもわりと声がかかってきたほうなので、肉体改造というか、そこまで本腰を入れて身体を鍛えてこなかったのだ。
ジムには一応通ってはいるけれど、別に「痩せたい」とか「もっとここに筋肉を付けたい」とか、明確な目標はないのだ。
「ただなんとなく、何もしないよりはマシかと思って」という理由だ。

「絞った身体にするのか、ガチムチ体型になるのか、そろそろ明確にした方がいいんじゃない?」とも言われた。
さっき書いたとおり、僕はカテゴライズしづらいのだ。
絞りに絞った体脂肪率一桁のボクサーのような体型になるのか、筋肉の上にそれなりの脂肪のついたガッチリとしたプロレスラーのような体型になるのか、そろそろ決めないといけないのかもしれない。
「ガッチリ体型です」「絞った筋肉質な体型です」といったように、カテゴライズがしやすければその分記号的な意味で自分のアイデンティティを確立できるし、似たような見た目の仲間が集まる飲み会やパーティなどにも誘われやすくなると思う。
女子で言えば「女子アナ系」とか「モデル系」とか、ある程度の見た目でのカテゴライズができれば例えば合コンなどで男に女の子のイメージを伝えるときにイメージが湧きやすくなるような、そんな感覚に似ているかもしれない。

僕は半端者だ。
一応はジムに通ってはいるので普通体型よりかは筋肉があるかとは思うが、特別絞るようなメニューは取り入れていないので「普通体型よりかは筋肉はあるけれど、なんだか緩いところは緩く見える」といったような感じだ。
顔もカテゴライズしづらいと思う。
スーツを着て地味めにしていれば「リーマン系」といったくくりでまとめられるかもしれないが、ちょっと私服を着て髪をセットしたりすれば若干強面というかヤンキーというか、ゲイ用語でいれば「やんちゃ系」のような見た目にもカテゴライズができると思う。
内面がそうかどうかは置いておいての話だが。
行動パターンで言っても夜遊び大好きな「パリピ」ってわけでもないし、かと言って休日は犬とカフェに行ってますのような「ナチュラル系」ってわけでもない。

自分は何にカテゴライズができるのだろう。
どこに所属すればいいのだろう。

「こういう人にモテたいから、こういう人たちと一緒に遊びに行きたいから」のような明確な目的があって自分の見た目をそっち側に寄せていくことができる人は、ある意味すごいと思うし尊敬する。
今の状況に甘んじて、方向性や自分のアイデンティティを確立できていない僕は、正真正銘の半端者だろう。

人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。

[PR]
by innocentl | 2015-10-23 17:04 | 日常 | Trackback | Comments(1)

帰る場所がない

帰る場所がなくなってしまった。

ようやく腹をくくり、休職扱いになっている前の会社を辞めることにした。
来週中には退職の処理が終わり、今月末には社宅も出ていかなければならない。
実家に身を寄せようと思い親と話したのだが、交渉が決裂してしまった。

そりゃそうだ。
いきなり会社休みます、会社辞めます、実家戻りますと言われたところで即対応できるわけがない。
「あなたとまた一緒の家で暮らす自信がない。実家に戻るのはいい考えではないと思う」とまで言われてしまった。

親も50代、妹も一人暮らしを始めたために、ようやく肩の荷が下りたという気分だったのだろう。
これから第二の人生を歩んでいくために気分が高揚しているところに自分が実家に戻るとなると、水を差すことになってしまうのだろう。
家族だからいつでも味方をしてくれるだろうとタカをくくっていたところは確かにあったかもしれない。

しかし、現実問題として路頭に迷う可能性が高くなってしまった。
仕事は一応はしているとはいえ物書きという仕事の特性上、業務委託という形でやっているので単価制での支払いであるし、現実的に生活できるだけの金額ではない。
それなりの知名度のメディアで寄稿できているとはいえ、この仕事を名刺代わりにまだまだ仕事を取ってこなければ到底生活などできない。

フリーランスでの仕事を増やすにしろ、アルバイトや契約社員の仕事を探すにしろ、まずは生活の拠点がないと生活費を稼ぐことすら難しい。
今月でこの場所を離れなければいけないし、次の当てはないし、どうしようか。

そんなことを言っている場合ではないとはわかっているけれども、友人の家に転がり込むのも気が引けるし、ましてや彼氏の家に転がり込むのも得策じゃない気がする。
行政に支援をしてもらう手もあるが、まず僕くらいの年齢だと申請が通るかも微妙であるし、仮に申請が通ったとしてもハローワークで仕事を探しながらということが条件になるため、今現在の仕事をすっぱり諦めて放り出さなければならなくなる。
せっかく念願かなって物書きの仕事をできているのに、それはあまりにもイタい。

家族というものを信頼しすぎていた、いや、都合よく捉えすぎていたのかもしれない。
血は繋がってるとはいえ、他人なのだ。

電話番号も変えて、メールアドレスも変えて、もう連絡が取れないようにして生きていかなければならないのだろうか。
家族のことを大切に想ってきたつもりでいたけれども、これも独りよがりだったのかもしれない。

帰る場所がなくなってしまった。

人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。

[PR]
by innocentl | 2015-10-08 00:45 | 日常 | Trackback | Comments(3)

パワーストーン

c0141313_13301205.jpg


パワーストーンブレスレットを作ってもらった。
「あなたは黒い石が似合うね」と言われ、オニキスを使ったアクセサリーを作ってもらった。

オニキスは元々大好きな石だったけれど、災いを避ける魔除けの意味や、フロンティア精神や意志の強さを助長する力があるという。
石にパワーがあるかはさておき、願掛けというか、お守りにしようと思った。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 ↑ランキング参加中。
[PR]
by innocentl | 2015-10-05 13:27 | 日常 | Trackback | Comments(2)