<   2015年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

クズを演じる

「仕事は なにをしていますか」
明らかに日本人のそれとは違うイントネーションで彼は僕に聞いた。
中国人だろうか、台湾人だろうか、シンガポール人だろうか。
多少大柄なアジア系の顔立ちをした男が僕の目の前に立っていた。
時刻は22時を回ったくらいの、クラブでの出来事だった。

いきなり仕事のことを聞くなんて不躾すぎやしないだろうか。
それとも彼の国ではクラブでナンパをする際、いきなり相手の職業について訊ねることはポピュラーなのだろうか。
初対面の相手に「可愛いですね」や「よく来るんですか」のような話題を出すのは普通すぎると思って、そのような質問を僕に投げかけたのであろうか。

「学校の 先生を しています」
爆音響くクラブで、日本語のネイティブでない相手にも伝わるように、はっきりと大声で答えた。
正確に言えばクラスを持っているわけでも授業を行なっているわけでもないし、学校職員という扱いになるのだが、学校で働いてるというとほぼ確実に教員だと思われるだろうし、一期一会の外国人観光客相手にそんなに正確な自己紹介などしたくないと思ったので、そう答えた。
「まぁ、休職中だけど」とも思ったが、もはやどうでも良かった。

「なんの 先生ですか」
彼はそう返してきた。

「あ、長引きそうで面倒くさいな」と思い、軽く左手を上げて「この話はおしまい」のポーズをとり、僕はフロアへ向かった。
クズだな、と自分でも思った。

一人でフロアで踊っていると、盛り上がった外国人たちが僕を見つけ、「一緒にステージに上がって踊ろう」といったような言葉を投げかけながら腕を引っ張ってきた。
乱暴に腕を振り払って中指を立て、一人で踊らせろという意思をアピールした。
「なんだこいつ」のような目で見られ、若干僕の周りの空気が白けた。

クラブでは人が変わったようにクズな振る舞いをする。
二重人格か何かなのではないかと、自分でも時々不思議になる。
クラブを出てしばらく経つと、普段通りの自分に戻る。
荒々しく攻撃的で、人を物のように扱って、気持ちを踏みにじるような自分はいなくなる。

あの空間にいる間だけ、僕は変になる。
しかし、クラブに行かないとなると、僕は現実世界での人格を保つのが難しくなる。

抑圧されたものが、顔の分かりづらい薄暗いブラックライトとレーザーが飛び交う空間でのみ、放出されているのではないだろうか。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
↑ランキング参加中。

[PR]
by innocentl | 2015-08-24 19:30 | 日常 | Trackback | Comments(2)

パワハラ

休職に入って一呼吸置くと、働いていた頃の自分が遠い昔のことのように思えてくる。
まだ3週間も経っていないのに。

冷静になって考えてみると、うちの会社にはガスライティングとパワーハラスメントが横行していた。

ネットが繋がるPCとプロジェクターを打ち合わせ前に用意するように、と言われたために、完璧に準備をしておいても、全くそれらを使わないまま打ち合わせが終了した。
次からは「PCとプロジェクターは使いますか?」と確認するようにしたが、「そんなもん当たり前だろうが」と言われ、結局使いもしないPCとプロジェクターをセッティングするために毎日のように無駄な仕事をさせられていた。
PCとプロジェクターだけならまだいいが、重いスピーカーを用意させられたこともある。
もちろん、打ち合わせでは一切使用しなかった。

「あなたのお母さん、ヤンキーでしょう」と女上司に言われた。
明らかに馬鹿にしているニュアンスを含ませた言い方だったが、「へへぇ、そうなんですよ」とヘラヘラ笑って答えた。
背が低く頭が大きい、ちんちくりんで不細工な上司だった。
こんな女に母を馬鹿にされたという悔しい思いは今も心で燻っている。

何かミスをした時「大変失礼致しました」とこっちは謝っているのに、「ねぇ、謝るの苦手?あなたって謝らないよね」と、何度も謝罪を要求された。
すみません、すみませんと、心を殺して繰り返すしかなかった。

別の部署に異動したとき、客を相手にするのは初めてなのに、「この資料使って適当に説明しておいて。あと、提出してもらった用紙の赤入れもやっといて」と、まともな説明もなくやらされた。


いや、もうこの業界に戻ることはないだろうから、書いてしまおう。
僕の書いてきた「客」とは、学生のことだ。

僕は学校で働いている。
学生時代にオープンキャンパスの手伝いなどをしていたことから学校で働くことに興味を持った。
学生と一緒に、広報活動やイベントの企画などをしていけると思っていた。

もちろん、甘い考えだった。
学校とは一般企業以上にクローズな世界で、公務員と違って私学だとパワハラが起きてももみ消されるような、汚い世界だった。
私学なんて一般企業と公務員の悪いとこどり、だ。

広報活動では綺麗事ばかり並べて学生を騙し、高い学費を払わせ、学んできたこととは全く無関係な業界の、テキトーなスーパーや電気屋に就職させる。

学校は離職率も非常に高いし、例に漏れずうちの学校もそうだった。
僕よりあとに入った人もどんどん辞めていく。

給料はそこそこだったのかもしれないが、パワハラを飲みこめるほどの金額ではないし、残業代は一切出ない。
査定はブラックボックスなので、昇級やボーナスも不確定だ。

優しい人や人情のある人はどんどん辞めていった。
人を切り捨てていくことに罪悪感を持たない人、周りを蹴落として評価を得ることに疑問を持たない人は残っている。
学生からの金で生活しているので、ある程度は学生を金のなる木扱いする気持ちもわからなくはないのだが、そんな学生をモノ扱いして適当にあしらって毎日毎日学生の悪口を言いまくって過ごしている先輩や上司たちに嫌気がさした。
こんな人たちと一緒に働きたくない、こんな人たちみたいになりたくないと思った。

若いんだと思う。考えが青いんだと思う。
だけれども、違うのだ。
この会社はおかしいのだ。

一緒に働きたいなと思った優しい先輩は心を病み辞めていく。
優しい上司は部下から逆パワハラを受けている。

何かがおかしいのだ。

僕は人としての心を捨てきれないから、新しい仕事を見つけた。
新しい仕事を通して、自分のスキルを磨いて、社会に還元していきたいと思う。
前の職場では自分の能力を会社、社会に還元していきたいだなんて思いもしなかった。
毎日怯えて過ごしていた。

給料はそこそこ良かった会社に勤めて思うのは、仕事はお金じゃないということだった。
僕はゲイだし、守るものもないし、やりたいことをやって生きていくようにしようと思う。
もう、泣き寝入りはしたくないので、自分だけが頑張れば結果が出る仕事をしたい。
自分の面倒を自分で見られて、自分で責任が取れる仕事をしたい。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
↑ランキング参加中。

[PR]
by innocentl | 2015-08-23 00:30 | 日常 | Trackback | Comments(2)

許されること

若くて、見た目に魅力があるのなら、「若くて見た目に魅力がなかったら決して許されないこと」を積極的にすべきだと思う。
見た目が悪くないのなら、お行儀が良すぎる青春を過ごした場合、年を取った時に後悔すると思う。
ゲイの世界にはみっともない人がたくさんいる。
遅咲きの狂い咲きというか、30を過ぎても「モテる」「モテない」「楽しい」「楽しくない」程度の尺度でしか行動ができない、精神的に未熟な人がたくさんいる。

学生時代、ゲイである自分をひた隠しにしてきて色々と諦めることが多かった反動なのか、年を取ってからかつて失ってきた青春時代を取り返すように、毎日を生き急いでやれパーティだ旅行だクラブだと遊んでいる人も多い。
結婚して子供を作るというイベントが発生しないから、「責任感」「大人としての立ち振る舞い」は職場だけにしか生まれず、精神的に未熟、よく言えば若々しい人が多いのかもしれない。
世間的に見れば30を過ぎれば立派な大人なのだが、ヘテロセクシャルだったら20代で卒業するような遊び方をしているような人も目立つ。

だからこそ、若いうちに自分が他人から拒絶されない程度の容姿をしているのだと気付いたら、「みっともない」と思われる前の若いうちにしか許されない遊びをするべきだ。
人の彼氏を盗ってしまったり、クラブで泥酔して吐きながら道端で寝たり、くだらない理由で恋人と喧嘩をして別れたり、感情に任せてその時々で友人関係を構築したり清算したり、安いカジュアルな服装に不相応な服飾品を付けて街を歩いたり、明らかに頭の悪そうな格好をしてみたり…。
自分の身を滅ぼすことと犯罪以外だったら、若くて可愛いから許されることをたくさんするべきだ。
変に背伸びする必要はない。許される時期にだけ、許されることをすればいい。

お行儀のいい遊びなんて、年を取ってからいくらでもできる。
人生、老いてからの方が長いのだ。
オッサンになってからの人生の方が長いのだ。
10代、20代のうちはそれこそ毎日を生き急いでもいいと思う。

そうして遊び疲れたら、子供の遊びを卒業すればいいだけのことだ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
↑ランキング参加中。

[PR]
by innocentl | 2015-08-22 11:34 | 日常 | Trackback | Comments(0)

奇数

ピアスが3つに増えた。

最初に開けた位置が標準より若干上寄りだったな、と思ったため、それより少し上の軟骨ギリギリの位置に1つ開けた。
そうすると今度は全体的にバランスが上寄りになってしまったように感じられたので、耳たぶの下側ギリギリにもう1つ開けた。

ようやくこれでバランスが取れた気がする。
3という数字も「満つる」で縁起がいいし、これ以上開けるようにならなくて済みそうで良かった。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
↑ランキング参加中。

[PR]
by innocentl | 2015-08-21 13:00 | 日常 | Trackback | Comments(0)

マチルダ先輩と忍者合唱団

c0141313_18515240.jpg

アーティストの井上涼さんの個展「マチルダ先輩と忍者合唱団」に行ってきた。
井上涼さんと言えば、「赤ずきんと健康」がネット上でバズったので有名な、NHKの教育番組「びじゅチューン!」にも出演している人気のアーティストである。

高校生の頃に赤ずきんと健康を見て、そのシュールさとユニークさがツボにはまり、一気にファンになった。
今回マチルダ先輩シリーズのプロジェクションマッピングを個展で行うという情報を手に入れたので、早速行ってみた。

期待に胸を膨らませてギャラリーに入ると、本人がいた。
グッズ販売コーナーの横に、ものすごくナチュラルに座っていらっしゃった。
テレビで見るまんまの姿で、凄く腰の低くて気さくな方だった。
サインもして頂いて、一緒に写真撮影までして頂いた。

個展も素晴らしかったし、グッズもたくさん買えたし、すごくいい思い出になった。
サイン入りカードは宝物にしよう。


ちなみに井上さんはゲイであることを自身の作品を通してカミングアウトしている。
カムアウトの理由は「ゲイだからという理由で色々諦めることが嫌になったから」とのことだ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
↑ランキング参加中。

[PR]
by innocentl | 2015-08-20 20:16 | 日常 | Trackback | Comments(0)

古い記憶

自我が確立される3歳頃までの記憶は、ほとんど残らないという。
言われてみれば朧げながらに思い出せる記憶は幼稚園に入ったくらいの頃からで、入園するまで家で何をして過ごしていたのか全く思い出せない。

しかし、唯一鮮明に覚えている、それ以前の古い記憶がある。
母方の祖母の家で背負い餅をさせられた時の記憶だ。

伝統を重んじる母方の家系では、子供の1歳の誕生日前後に背負い餅という行事をする習わしがあった。
1歳の赤ん坊に風呂敷に包んだ一升分の餅を背負わせて、数歩歩かせるというものだ。
一升の餅を背負って歩くのは、一生食うのに困らないように、という意味が込められているらしい。

1歳の赤ん坊に一升餅なんて重いものを背負わせて歩かせるなんて元々無茶な行事な気もするが、僕は成長が遅く身体が小さかったために、餅を背負わされた瞬間に後ろに仰け反り、全く動けなくなってしまった。

いきなりわけのわからない重りを背中につけられ、仰け反って苦しくてバタバタもがいている僕のその様を、周りの大人たちはげらげら笑って見ていた。
側から見れば微笑ましい光景だが、その時の僕は猛烈な憎しみのようなものを周囲に対して感じていた気がする。
「人がこんな状態になっているのに救いの手も差し伸べずに笑っているなんて、こいつらみんな頭がおかしいんじゃないか。殺してやる。殺してやる」と、脳内で言語化されていたわけではないが、その手の憎悪を周囲に対して抱いていた。

結局一歩も歩けずに餅を取り外されたあと、案の定僕は号泣した。
わけもわからず身動きを拘束され、哀れな姿を周囲に晒し、大人に笑われ、悔しくて憎くて情けなくて、わんわん泣いていたのだ。

3歳までの記憶はほとんど残らないというが、あの時の猛烈な憎悪と自己憐憫だけは今でも覚えている。
それだけ唐突に身動きを拘束されて笑われるということが衝撃的だったのだろう。

三つ子の魂百まで、というが、僕の魂と記憶は憎悪と自己憐憫から始まっている。
一番古い記憶がナイアガラの滝を見て驚いたとか、花火を間近で見たからびっくりしたとか、そういう類の衝撃性のある体験談だったら、何か僕の人格形成に影響を与えていたのだろうか。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
↑ランキング参加中。

[PR]
by innocentl | 2015-08-18 13:40 | Trackback | Comments(0)

人生なんて呆気ないね


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
↑ランキング参加中。

[PR]
by innocentl | 2015-08-15 21:29 | 日常 | Trackback | Comments(0)

落し物

街を歩いていたら、自分より数歩前を歩いていた老婆が何かを落とした。
彼女はそれに気づかずに歩き続け、とうとう僕が彼女の落とした物の目の前にぶつかる形になってしまった。
ここで避けるのも不自然だし、その場にいた数人は彼女が何かを落としたのを目撃しているわけだから、無視して拾わないでいるのも周りに対して気が引けたので、それを拾い上げた。

それはブローチなんだかコサージュなんだか、若者の僕には区別がつかない類の装飾品だった。

日傘を差して歩いている彼女のそばへ駆け寄り、普段よりも少しだけ高い声で「すみません」と、声をかけた。
振り返った彼女はきちんと化粧を施した上品そうな印象の人で、僕の顔を見てきょとんとしていたが、間髪入れずに僕はその落し物を差し出し「落としましたよ」と、簡潔に伝えた。

言ってみれば人として当然のことをしたまでであるので、恩着せがましくその場に佇むのも失礼な気がして、そそくさと半身を返して立ち去ろうとしたとき、彼女はゆっくりと「これ、大切な物だったの。本当にありがとう」と僕の背中に投げかけてきた。

そう言われた瞬間に僕は反射的に振り返り、くしゃくしゃの下手くそな笑顔を作って「いえ」とだけ返してその場を去った。

なぜか胸が熱くなり、こめかみあたりに熱を持ち、少しだけ涙腺が緩んだ。
人として普通のことをしただけなのに、周囲の目を気にして拾っただけなのに、人から感謝されてしまった。

思えば前の仕事をしているとき、人から「ありがとう」と言われることは少なかったな、と思った。
環境のせいにした言い方になるので言い訳がましくなってしまうが、ミスマッチの配属でわけがわからない状態のまま最善を尽くすのには限界があり、自分なりに工夫して仕事をするとしても結局は「いらんことしい」になってしまう自分に嫌気が差していた。
そうなると、本当に周囲の役に立つようなことを成し遂げられたときでも、周囲は感謝の言葉をかけてこなくなる。

大小に関わらず仕事で達成感を得たことなど、一度もなかった。
事実上長からは「この程度の仕事しかできないのならお前の替えなどいくらでもいる」と告げられ、会計部門からの異動を希望したこともあるとはいえ前部署で厄介払いを受ける形で異動をし、次の部署でもやはり不信感からか情熱を持って働くことができなかった。
一度会社に抱いた不信感は、異動をしたとはいえそうそう簡単に打ち消せるものではないのだ。

物を拾ってあげた、たったそれだけの行為に対し「ありがとう」と人から言われて、こんなに涙が出そうになるなんて、感謝の言葉に飢えていたのだろうか。

ありがとう、ごめんなさい、この二つは言葉にしないと伝わらないと、小さい頃から教わっていたはずなのに、忘れかけていたのかもしれない。
今後、僕も自分のことを必要としてくれる人に対しては感謝の言葉をきちんと形にして伝えないといけないな、と思わせる出来事であった。
考えや想いを言葉にするのは僕の得意分野のはずじゃないか。
忘れてはいけない。

人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。

[PR]
by innocentl | 2015-08-15 19:38 | 日常 | Trackback | Comments(2)

Troublemaker



人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。

[PR]
by innocentl | 2015-08-14 23:29 | 日常 | Trackback | Comments(0)

チープな見た目

休職期間に入ってからというものの、髪を染めたりピアスを開けたり、まるで反抗期の高校生の夏休みのような過ごし方をしている。
外を出歩くことも多いので日にも焼け、安っぽい見た目の男になってきているなと感じる。
まるで歌舞伎町で居酒屋のキャッチをやっていそうな、いや、歌舞伎町じゃまだ若干高級感があるから、横浜の西口でキャッチをやっていそうなレベルの安っぽさの見た目だ。

元々親がヤンキー上がりで、その昔母は母で暴走族と付き合っていたり、父は父でツッパリをやっていたような家庭に僕は生まれた。
子供を大学まで行かせてくれたから、親としては完璧な二人だと思うが、やはり生活にはヤンキー特有の安いエッセンスが散りばめられており、僕は二人を尊敬するのと同時に反面教師にもして育ってきた。

学生時代はとにかく勉強を頑張り、優等生たちと交友関係を深めてきた。
大学に入ってからも夜遊びはそこそこに、どっぷり浸からないようにあくまで学業を疎かにはせずに、お行儀よく遊んできた。
服装も比較的シンプルなものを好み、小物も革製品やマットな質感のものを集め、オーセンティックでシンプルな雰囲気のものに惹かれる人間だった。

それがこの短期間で、物凄く安っぽい見た目になった。
それこそ深夜のドンキホーテにいそうな、駅前でキャバクラのティッシュ配りをしていそうな、吸えもしないタバコを吹かして笑笑あたりの居酒屋で騒いでいそうな見た目の人間になった。

これを本当に自分は望んでいたのかというと、そうではないのではないかと思う。
ある種の自傷行為の一つなのではないかと思っている。
本来の姿はどれなのかと問われたら、おそらく以前の自分が本来の姿なのだと思うが、じゃあ今現在鏡に映っているこの安っぽい見た目の男は誰なのだろうか。
自分自身が本当にこれを望んだのだろうか。

来月にはSafariに載ってそうなリラックスカジュアルを着て、髪もジェルで固めたネオ七三にしているかもしれない。
再来月にはアウトドアブランドとバンドTシャツをごちゃ混ぜに着た、フェス系の見た目になっているかもしれない。
その次は一周回って小奇麗なジャケットを羽織ったメンノン系の見た目になっているかもしれない。

とにかく今の僕にはポリシーとかストーリー性とかバックグラウンドがないため、見た目がコロコロ変わるただのカメレオンなのである。
今までも見えていたのかというと微妙だが、最近はさらに自分の中の核が見えなくなっているんだと思う。

人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。

[PR]
by innocentl | 2015-08-10 16:47 | 日常 | Trackback | Comments(4)