<   2015年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

フロアにて



クラブに行くと、昔好きだった人に会うことがある。
自分はたいていクラブには一人で行くのだが、向こうは友人連れでいることが多い。

気付かないふりをしてフロアで身体を揺らして、アルコールで朦朧とした意識の中で、昔のデートのことを思い出す。

自転車を買いに行くのに付き合ってほしいと言われたからついていったけれども、自転車になんかそんなに興味のない自分はロードバイクのレース映像を店頭でずっと観ていて、彼は熱心に店員と話しながら自転車を選んでいたりしたなぁ。

TSUTAYAでくだらない洋画のDVDを借りて、酒を飲みながら観ていたけれども、内容なんかそっちのけでキスをしたり、そのままなし崩し的にセックスをして、事が終わって気付いたらエンドロールが流れていたりしたなぁ。

友達と飲み過ぎた帰り道、酔った勢いで電話をして、「今日泊めてよ」と冗談めかして言ってみて、OKの返事を貰った時に嬉しくてはしゃいで、夜道を走って彼の家まで向かったりしたな。


耳が痛くなるくらい大きい音でEDMが流れるフロアで、昔のことを思い出している。
目を閉じて身体を動かして汗をかいていれば、涙が出てしまっても汗だと言い切れるし、酔って人にぶつかって酒をかぶってしまったのだと言い訳もできる。


「久しぶり、元気だった?」

ああ、気付かれてしまった。

「すごい汗かいてるね、相当長い時間いたの?」

そういうことにしておく。

「また今度ご飯でも行こうか」

・・・・・・。


最後に一杯飲んで、自分は帰路につく。
ウォークマンでクラブミュージックを大音量で聴きながら電車に揺られて帰る。

嫌いになって離れたわけではない人と会うのはいつだって辛いものだなぁ。
好きになった人が自分を好きになってくれる魔法があればいいのになぁ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
↑ランキング参加中。
[PR]
by innocentl | 2015-06-30 21:07 | 日常 | Trackback | Comments(0)

シニカルな僕

ふにゃふにゃした人だと思っていたけれども、意外と彼氏はどっしりしたところもある。
さすが年の功と言うか、人生の先輩なだけはある。

情緒不安定さが酷かった時期、食事をするために上野駅で待ち合わせをした。
僕は上野駅中央改札で20分も前から彼氏を待っていた。
憂鬱な気分が強すぎて、買い物をしたりぶらぶらしたり、カフェかどこかで時間をつぶすということができなかったのだ。
動くくらいなら同じ場所でじっとしていた方がマシ、というか、動けなかったのだ。

そんな状態の中、人ごみの中で彼氏を見つけた瞬間、涙があふれて止まらなかった。
そんな僕を見て彼氏は「どうしたの」と笑った。
普通、引くだろう。ドン引きだ。

大の大人の男が、上野駅中央改札という大規模ターミナル駅のメイン改札広場の真ん中で泣いているのだ。
知らないふりをされてもおかしくない。

そんな自分を「どうしたの」の一言だけで笑って済ませ、「まぁ、今は自分のことだけ考えてればいいんだからね」と言い、僕を居酒屋へ連れて行った。
懐が深い人だ。


今の彼氏は何を考えているのかわからない人だな、と思っていたけれど、実は僕が分かり易すぎるのかもしれない。

その日の帰り道、上野駅の近くにあるパンダのオブジェクトを見て、彼氏は「かわいいー。パンダ好き」と言っていた。
年上なのに、狙っているわけではない子供っぽさが残っている彼。
なのに、経験値はあるから、無理に大人ぶっている僕の心のうちは見透かされている。

おかしな関係だ。
シニカルを気取って背伸びする若造と、一見ふにゃっとしたように見えるが鋭い年上の組み合わせ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
↑ランキング参加中。
[PR]
by innocentl | 2015-06-29 21:34 | 恋愛 | Trackback | Comments(0)

22


[PR]
by innocentl | 2015-06-22 21:53 | 日常 | Trackback | Comments(0)

ハンカチ

小学生くらいの頃、学校で辛いことがあると、人気のない場所まで行ってハンカチの匂いを嗅いでいた。
洗剤の香りが家を思い起こさせて、少し気分が落ち着いた。
辛いことがあっても、自分には帰る場所がある、と思えた。

大人になった今も、辛いことがあると、ハンカチの匂いを嗅ぐ。
洗剤と柔軟剤と太陽の香り。
ノスタルジックな香りは、少しの間だけ現実を忘れさせてくれる。

大人になった今でも、泣き虫だった頃の小学生のまま。
下手をしたら今の方が泣いているかもしれない。

[PR]
by innocentl | 2015-06-11 22:37 | 日常 | Trackback | Comments(0)

似てくる

先日彼氏が誕生日を迎えた。
誕生日プレゼントには、革のボディバッグをプレゼントした。

渋谷の工房で一つ一つ手造りをしているのだというそのバッグは、革特有の光沢が高級感を感じさせ、シンプルなデザインが格好良い。
ボディバッグはどうしてもカジュアルすぎるというか、学生が使うもののようなイメージがあるが、このバッグは大人が使っていても違和感がないと思う。
そこそこ値が張ったが、いい買い物をしたと思う。

彼氏にそのバッグをプレゼントしてから、自分も同じものが欲しくなってしまった。
結局数日後、自分用に色違いのバッグを買ってしまった。
彼氏にはブラウンのもの、自分にはネイビーのもの。
全く同じデザインのものを買ってしまった。

昨年、レザージャケットの卸売会に行ったときも、似たようなデザインのシングルライダースを二人で買った。
彼氏は黒のライダース、僕は若干青みがかった黒のライダースを買った。


付き合うと見た目が似てくるというのは本当なのかもしれないな、と思った。
服装の趣味は全く違っていたはずなのに、おそろいのアイテムが少しずつ増えてきている。

最終的には双子のようになってしまうのだろうか。
それはそれで面白いかもしれないが。
[PR]
by innocentl | 2015-06-10 21:38 | 日常 | Trackback | Comments(0)