<   2015年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

親の仕事

「勝ち組じゃん」

僕の働いている業界を人に伝えると、そう言われることが多い。
はた目から見ればお堅くもあり、その分きっちりしてるから定時で帰れそうで、なんとなく仕事も楽そう、というのが大方の理由だろう。

実際はそうでないのに。
前部署では上司からのパワハラで体調を崩しかけたし、今の部署は残業が多すぎる。
残業代も出ないので、完全に飼い潰されている。

元々周りに流されるままに就活をし、とりあえず一番早く内定を貰えたから今の会社にいるだけなので、この会社に骨を埋める気はさらさらないのだが、「じゃあ次はどうするの?」と聞かれると閉口してしまう。
就活をしているときは魅力的に見えたんだけれどもな、うちの会社も。

けれど会社なんて入ってみなければわからないし、入ったところで全部の部署を経験するわけでもないし、「会社=自分のいる部署の人間と、自部署と関係のある部署の人間」になってしまうものだ。
狭い狭い世界の話なんだろうなとは頭では分かっているけれども、大海に飛び出すだけの勇気も度胸もない。


なんとなく、金が貯まったらもう一度学校に通ってみるのもいいかもな、と思ったりもするが、「学校に通う」のが目的になってしまっている。
「何がしたいか」で考えなければいけないところ、完全に手段が目的化してしまっている。

最近になって、親の仕事を継ぐのもアリなんじゃないかと思ったりもしている。
親は職人の仕事をしているのだが、若い職人が不足していて、向こう10年でガクッと職人人口が減ってしまうという業界である。

しかし、半端な気持ちで職人もできないだろう。
技術が身につくのに10年かかるだろうし、それ以前にセンスがものを言う世界だ。
自分は父の得意とするジャンルのものはとことん苦手であったし、やってもいないうちからこんなことを言うのも情けないが、おそらく向いていないだろう。

父が弟子をとれば、彼らのサポートと言う形で何かPCを使ってできるような作業や、見積もり作成だったり営業くらいなら力になれるかもしれない。
しかし人手不足の業界、黙っていても仕事は舞い込んでくる世界で、営業なんか必要だろうか…。


自分が何をしたいのか、何ができるのか、すっかりわからなくなってしまった。
大学生の頃はプレゼンをやらせればSS評価、ペーパーテストの成績もそこそこ、自分で考えて行動するフィールドワークや研究は大得意といった、「頑張っている大学生」だった。
それが今じゃ、仕事も半端な2年目社会人になってしまって、そのギャップにも嫌気が差している。


何がしたいんだろう、自分は。
母によく、「シンプルに考えなさい。自分の欲求に素直になりなさい」と言われていた。

こう、頭がぐちゃぐちゃと混乱してしまうときは、シンプルに考えるのが一番だそうだ。
何をすればハッピーで、何をすればそうでないのか、そう考えるのが一番らしい。


何が僕にとって幸せなのだろうか。

家族といれること
恋人といれること
友達といれること

この街でなく、地元で過ごせること

仕事で誰かに感謝されること

泣きながら眠らないこと

楽しくお酒を飲めること

色んな人と話せること


ああ、難しい。
雇われなくても稼いでいけるだけの術を身に着けたい。
その日暮らしでいい。

贅沢な悩みなんだろうか。
悩みと言うのはいつだってそう。
立場の違う人からすれば羨ましい悩みだってあるし、隣の芝は青く見えるものだ。

今日ははやく寝てしまおう。
[PR]
by innocentl | 2015-05-09 18:11 | 日常 | Trackback | Comments(0)

同じ空間で眠る

気付いたのだが、僕は寂しがりだ。
そもそも寂しさを紛らわすためだったり、目を背けるためだったり、逃げるためだったり、寂しさを解消するために行動を起こしてきた局面も多いのが僕の人生だ。

寂しかったからブログを始めた。
誰かに見つけてもらいたかった。

寂しかったからLGBTの仲間を探しに街に出た。
誰かと話してみたかった。

寂しかったからセックスをした。
寂しかったから恋人ができた。
寂しかったからお酒を飲んだ。
寂しかったから、寂しかったから、寂しかったから…。


僕はごく普通の家庭に生まれ育ち、両親からもそこそこ愛されて育ってきた。
別段、愛情に飢えるようなバックグラウンドは持っていない。
だけど寂しいのだ。

実家を離れた今、家族に無性に会いたい。
居間で父はテレビを見ていて、母は家事をしていて、妹はケータイをいじっていて…。
何を話すわけでもないけれど、家族と空間を共有したい。
そして、家という同じ空間でそろって眠りに落ちたい。


彼氏に会いたい。
くだらないテレビを見て、眠くなったら同じ布団で寝てしまいたい。
別に好きだの嫌いだの言葉を交わす必要なんかなく、ただ同じ空間で眠りに落ちたい。


友達に会いたい。
酒を飲んで、くだらないことばかり話して、疲れたら狭いワンルームに数人でぐちゃぐちゃに雑魚寝をしたい。


別に一緒の布団で眠る必要はない。
同じ空間で眠るだけでいい。
誰かが眠りに落ちているという事実を実感しながら、自分も眠りにつきたい。

同じ空間で眠るというのは、本当に安心できる。
子ども部屋で一人で眠るようになってから15年ほど経ち、一人暮らしを始めてから1年経ち、誰かと一緒に眠るということもそうそうなくなってしまった。

だからこそ、たまに恋人と一緒に眠ったり、実家の居間でうとうととしてしまったり、友達の家で合宿のようなテンションで夜を過ごすということに、ただならぬ魅力を感じるのかもしれない。


一人で眠る夜にはもううんざりしている。
フツーのストレートの人は、こういうタイミングで「そろそろ結婚しようかな」と思えるのだろうか。
自分にはよくわからないが。
[PR]
by innocentl | 2015-05-07 23:03 | 日常 | Trackback | Comments(0)