<   2014年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

寂しい



これまで 毎日 歩いた この道
しばらく 見られない さみしく 思うよ


一人で暗い部屋に帰って、一人分の簡単な夕食を作って、後片付けして。
これからずっと自分の面倒を自分で見ていかなければならないのか。

音がないのが辛い。
実家では部屋に一人でこもっていても家族の気配がしたし、1階に下りれば家族と会話ができた。
誰かしらが何かしている気配を感じながら眠りにつくことができた。

一人暮らしのマンションは、造りは古いけれども防音は素晴らしく、周りの生活音が一切聞こえない。
「このマンションには自分一人しか住んでいないのではないだろうか?」と感じることすらある。

テレビ買おうかな。
実家にいる時はほとんどテレビなんか見なかったけど、ラジオじゃやっぱり寂しさ募る。
視覚からの情報もうるさいくらいないと、寂しいという感覚が麻痺しない。
1万ちょっとで小さいテレビ買えたし、リサイクルショップとかならもっと安いかも。


夕方、商店街へ買い物へ出かけた。
ケーキ屋さんで、家族連れが楽しそうにケーキを選んでいる様子を見た。

実家にいる時は甘いものばかり食べていたけれど、こっちに来てからは引っ越した当日にチョコを齧ったくらいで、甘いものは何も食べていない。
引っ越し作業を手伝ってくれた親が帰った後、冷凍庫を覗いてみたらアイスが入っていて、母の字で「食べてね」というメモが貼ってあった。

なんだかんだ忙しくてまだ食べられていない。
今食べるのも、なんだかもったいない気もする。


ケーキ屋でケーキを選ぶ幸せそうな家族を尻目に、安いスーパーで肉を買ってきた。
野菜と炒めて、小分けにして冷凍して、今週のごはん。

質素な食事も寂しさの原因なのかも。
お給料をもっと貰えるようになったら、社会人の周りの友達のように毎日外食して過ごせるようになるかな?


買い物からの帰り道、急行電車が北へ向かう様子を見送った。
一つ隣の駅から、1時間あの電車に乗れば地元へ帰れる。
遠くないのに、いつでも帰れるのに、どうしてこんなに寂しいんだろう。

北海道や九州の方から東京へ来て一人で暮らしている人もいるというのに、こんなんじゃ笑われるね。
いや、むしろすぐには帰れない状況のほうがかえって吹っ切れるのかな。
[PR]
by innocentl | 2014-03-30 22:01 | 日常 | Trackback | Comments(0)

抜歯

親知らずを抜いてきた。
抜くのは2本目で、両方とも上の歯。

前回は抜歯に10分近くかかり、口の中でペンチのようなものがガチャガチャ動いているのが不愉快で、早く終わらないかなーと思っていたけれども、今回は2、3分で抜き終わった。
「え?こんな早く終わったの?」といった感じ。

抜歯後の痛みは前回は全くなかったので、今回も上の歯だし大丈夫かなぁ?とタカをくくってる。
下の親知らずは横向きに生えていて、口腔外科じゃないと抜けないらしいので、将来的に入院でもして2本同時に抜いてしまおうかな…。
嫌なことはなるべくすぐ終わらせたいですよね。
どうせ痛むならその期間は短い方がいい。

明日は消毒だー。
[PR]
by innocentl | 2014-03-03 18:28 | 日常 | Trackback | Comments(0)