<   2013年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Feel this moment


[PR]
by innocentl | 2013-03-27 03:15 | 日常 | Trackback | Comments(0)

昔の夢を見た

昔の夢を見た。
まだ小さい頃、昔住んでいた家で、家族と川の字になって寝ていた頃の夢。

日曜の朝に早く目が覚めてしまって、家族はまだ寝息をたてている。
朝日が差し込んでいるけれど、カーテンに遮られてほんのり部屋が明るくなっている。

今日は家族で出かけるのかな、とか、天気はいいのかな、とか。
布団の中でぼんやり考えながら、時計を眺めていたり。
布団の中に潜り込んでみたり。

そんなことをしている夢を見た。
昔の家の家具だとか、部屋の感じだとか、物凄く鮮明だった。
布団の中で目覚めるシチュエーションもあってか、一瞬タイムスリップしてしまったのかと思った。

最近周りに新しいことが増えすぎてたから、ノスタルジックな気分になった。
[PR]
by innocentl | 2013-03-25 05:18 | 日常 | Trackback | Comments(0)

香りだけ纏って

前にプレゼントって、相手のことを思って選んでる時間とかも付加価値としてついてくるからこそ嬉しいって書きましたよね。
ただ、相手が自分を喜ばせようと思って空回りしてしまっているときの対処って意外と難しい。

というのも、前に付き合っていた人はセンスがあまり良くない人で、プレゼント貰っても嬉しくなかったというのがありまして。
もちろん貰って嬉しいものもいくつかあったけど、大多数はがっかりしてしまうもので。


ねだったわけではないが、「春から大学生になるかもしれないし、学校につけていけるような腕時計が欲しい」とポロッと言ったことがあった。
すると彼は誕生日に「これ、プレゼント」と言って腕時計をくれた。
覚えていてくれたことに感動し、わくわくしながら開けてみると、陸上部が使うようなスポーツウォッチが入っていた。

G-SHOCKのようなファッション的な意味のスポーティではなく、ガチのランニングウォッチ。
デジタル画面がそもそも好きではないし、ランニングウォッチなんか普段の服装に合わせられないし。
その場ではお礼を言ったけど、結局一度も使わぬまま今もクローゼットの肥やしになっている。

これは自分のエゴだと思うんだけど、普段の服装や「大学生がつけるような時計が欲しい」である程度察してもらいたかったのが本音。

結局自分でアニエスベーの時計を中古で買った。
もともと高くない時計の、しかも中古とはいえ、まだバイトもしていない高校生には痛い出費だった。


それと同じで、何かの記念日の前に財布をくれると言ってくれたこともあった。
そのころには相手のセンスのなさに薄々感づいていたのもあり、「財布をあげると宣言されちゃってるけど大丈夫かな…」と、不安を覚えていたわけだけれども、プレゼントされたのは案の定好みのものではなかった。
ナイロン製でマジックテープ式の、蛍光オレンジの財布だった。
そのころちょうどネットでは「彼氏の財布がマジックテープ式だった」云々で話題になっていたこともあり、本気で悲しかった。

結局、自分で高くはないけれど、それなりのちゃんとした皮財布を買った。


自分で買った財布や時計は今でも使っている。
高いものが欲しかったとか、ブランドじゃなきゃ嫌だとか、そういうわけではない。
傷つきで格安だった時計を今も使っているし、財布だって別に有名ブランドのものでもない。

ただ、これから成長して社会に出ていく身に、そんな子供騙しなものを渡されても仕方がない。
最終的には自分で買いなおす二度手間になるわけだから、最初から無難なものだったり消費できるものをくれれば、あまり気にならなかったのにな。


自分が相手にあげたプレゼントは、靴だったり鞄だったり、一生懸命考えて選んだものだった。
「好みじゃない」と言われたこともあったけど、リクエストをきちんと聞いて、条件に合うものを必死で探してプレゼントした。

それなのにこの仕打ち。
見返りを求めず、相手のセンスのなさを受け入れるだけの器量が自分になかったというのも問題だけれども、あまりにも大切にされてない気がして辛かったな。

結局自分のことは見ててくれなかったのだろうか。
自分が普段何を着て、何が好みなのか、一切関心がなかったのだろうか。

自信がないなら買い物に付き合ってくれるだけでよかったのに。


些細なことの積み重ねが別れにつながる。
彼からプレゼントされた香水の瓶を見て、ふと昔を思い出した。

香水だけは好みだった。
今でもつけてるし、なくなったら同じものを買おうと思う。
でも時計や鞄や財布は、申し訳ないけど捨てさせてもらった。


彼がくれたのは自分に似合う香りだけ。
彼との思い出は香りだけ纏って、次のステップへ進もう。
[PR]
by innocentl | 2013-03-23 16:08 | 日常 | Trackback | Comments(0)

Let go



就活しないと。
今日もとある企業の説明会。

でもそんなに志望度高くないから、いまいち本気になれない。
学校の求人もチェックしないとな。
[PR]
by innocentl | 2013-03-22 18:54 | 日常 | Trackback | Comments(0)

半年

彼氏いない歴も半年を超え、もう元彼云々言ってられなくなりました。
前に付き合ってた人とでも表現すべきか。

生々しい記憶も粗方消え去ったわけですし。
いいところももちろんあったけれども、相手のすべてを受け入れられる器量が自分になかったのも事実だし、悪いところが目についてばかりになってしまったのも事実。

あの頃確かに自分は幸せだったけれども、魔法は解けるのだ。


最近いい感じになってる人も、自分と同じくらいの時期に別れを経験している人だから、傷が癒えたら離れていくんだろう。
いつか別れが来るとわかっているから、そこまで真剣になりきれない。
これはお互いそう思ってると思うけども。

夜寝る前に電話をすることもあるけれど、「あ、昔こんなこと、元彼ともしたな」と思い出したりして。
向こうも思い出にすがって、過去の経験を今の関係にトレースさせてるだけなのかな。

思い出をなぞるだけで、経験を反芻して、辛いことを忘れたら次の恋に本気になるために離れていって。

そうやって自分は誰かの辛さとか悲しみとかを一時的に受け入れるだけの駆け込み寺になって、自分自身は本当に幸せになったり、誰かに愛されたりすることもなく、1秒1秒輝きを失って朽ち果てていったりするのかな。


承認欲求が肥大している。
誰かに好きだって言ってもらいたのかもしれない。
[PR]
by innocentl | 2013-03-21 21:23 | 日常 | Trackback | Comments(0)

Sexy naughty bitchy



明日は、というか今日は、とある企業の一次選考。
そろそろ就活も本格化してきたけれども、うまくいくのかどうか心配。

まあやるっきゃないけどねー。

学校のすぐ近くが選考会場みたいなので、定期圏内なのがうれしい。
履歴書忘れないようにしないと。
そろそろ寝よう。
[PR]
by innocentl | 2013-03-18 03:07 | 日常 | Trackback | Comments(0)

カメラ

元彼と別れてから、カメラ使わなくなったな…。
出かける機会が減ったってのもあるけど。

たまにはカメラもって出かけてみようかな。
[PR]
by innocentl | 2013-03-16 17:10 | 日常 | Trackback | Comments(0)

亡くなった友人

アゲハで、4年前に亡くなった友人と特に仲の良かった人と会った。
亡くなった友人からよく話は聞かされていたし、一度みんなで夕食を食べたこともあったなって。
懐かしくて、懐かしくて、色々思い出してしまった。

今回のアゲハでは色々な思いが込み上げてしまって、いつものように酒に飲まれて狂ったように踊ることができなかった。

「大学受かったらお祝いしよう。パーティとかしようよ」って、最後に会った5年前の10月に言ってくれたな。
合格の報告、できなかったな。

会いたいな。
本当はどこかでまだ生きてるんじゃないかなって思うんですよね。
そんなわけはないのに。

いつものように新宿で待ち合わせて、どこか適当な場所で集まって、他愛のない話をしたい。

この季節はいつも亡くなった友人のことを思い出す。
忘れられないよ、ほんとに。
[PR]
by innocentl | 2013-03-13 10:50 | 日常 | Trackback | Comments(0)

黄砂が凄いねって

クラブもすべてのフロアが閉じて、朝日も昇って、さあ帰ろうって言われたからついてって。
駅で立ち食い蕎麦食って、相手の家に行って。
歯磨いて、昼過ぎまで寝て。

それから空が黄色くなってるのを見て、「黄砂が凄いね」って話して。
震災特集やら強風による交通の乱れだとかのテレビ番組を見て。

そして帰ってきました。

知り合って3ヶ月経つけど、なんだか本性がつかめない人。
お酒を飲むと少し意地悪なところもあって、元彼とは全然違うタイプの人だなーって。
ぼんやり思ってました。

この関係、なんなんだろ。
[PR]
by innocentl | 2013-03-12 13:33 | 日常 | Trackback | Comments(0)

Shangri-La BLACK BALL “IT’S TIME TO PARTY NOW!”

c0141313_201758.jpg


さて、今回もageha行ってきました。
BLACK BALLです。

バイトが終わってから終電でいったけど、相変わらずエントランス待ちなげえ。
今回もなんだかんだで30分くらい待たされたと思う。
インビテーションしてもらえるようなご身分になりたいものですね。
それかもっと早めに入場すればいいのかな。

中で友達と合流したけど、今回はそんなにたくさんの人と会えなくて、一人でいる時間が長かったかも。
プールサイドのTKと、BOXがすごい盛り上がった。
定番ナンバーばっかりかかってたから、ほとんどずっとBOXにいました。

友達もみんな帰っちゃってそろそろ帰ろうかなと思ってたら、前回agehaで知り合った、最近よくデートしてる人が迎えに来てくれました。
初めて会ったのが前回のagehaだから、知り合って3ヶ月くらい経つのか。

いまいち曖昧でどんな関係なのかわからないけど、迎えに来てくれて少しうれしかった。
[PR]
by innocentl | 2013-03-11 20:24 | 日常 | Trackback | Comments(0)