<   2012年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Shangri-La 10th Anniversary Party イベントレポ

c0141313_19344763.jpg


Shangri-La 10th Anniversary Party "Welcome To The Men’s WONDERLAND"に行ってきました。
アゲハ二回目にしてハマっております。
やっぱ大箱で踊るの楽しいですね。

今回はバイトが10時に終わってから新木場まで向かいました。
前回の終電迫りくる中ぐじぐじ悩んでた自分はもういない。

12時ぴったりに新木場で友達と待ち合わせてたので、駅で合流してagehaへ。
シンデレラボーイ。
駅前は風が凄い強かったー。

到着したら、わりかしすんなりと入れた前回とは違ってかなりエントランスで待つ。30分くらい?
前は到着が2時くらいだったからなぁ。
ロッカーを友達と共有したんだけど、「ロッカーの鍵自分が持ってて大丈夫?どっか行っちゃったときとか不便じゃない?」とナチュラルにビッチ発言かまして、後ろに並んでたグループに笑われてしまいました。
失笑を買うとはまさにこのこと。

ようやくIDチェックのあたりまで列が進んだと思ったら、この間のパーティで知り合った人に遭遇。
自分らはフレッシャーズ割引という一番安いチケットで中に入ったから並んだけど、向こうはインビで入ったらしい。
「あたしたちは並ばなくて済むなら1万でも出すわよ。若いわね(笑)」と言われてぐぬぬ…。

そんでいよいよ入場!
まずはアイランドでお酒購入。相変わらず高いけど、そんなの気にならないくらい楽しいイベントだから仕方ない。
向かう途中横目でアリーナ見たけど、足の踏み場がないくらい大盛況。すげえ盛り上がってた。

一緒に行った友人はあまりイベントに行かないタイプなので、大箱のアゲハにビビッてたようで、最初はあまり楽しそうじゃなかったけど、最終的にすごく楽しんでもらえたみたいなのでよかった。
というか途中からどこかに消えたと思ったら、なんか朝には男と一緒にいて良い雰囲気になってので、むしろ自分よりも相当楽しむコツをつかんでる。

で、一通り探検してプールサイドでSOULHEADのライブを見てからフードコートへ。
肉うどん食いました。寒いからあったまった。

腹ごしらえ済んでからぶらぶらしてたら二時半くらいにツイッターのフォロワーさんとばったり会ったので、そのまま一緒にボックスでドラァグのショーを見てきました。
ブルボンヌさん面白い。ツボに入ってうっかり馬鹿笑い。

その後はプールサイドとラウンジを行ったり来たりしてたらパーティ誘ってくれた友人に会ったので、一緒にダークルームも行きました。
上半身裸強制なんだけど、鳥目だから人の顔全然わかんないし、人多すぎだったのですぐ出てきました。
何のためのダークルームよ。

そこからはほとんどずっとアイランドとラウンジにいました。
一緒に来た友達は恋の火遊びに出かけてってしまったので、自分は自分でパーティで知り合った友人らと騒いでました。
相変わらず激しく動き回る姿に若干引かれたみたいだけど。

好きな曲ばかりかかってて、ほんと楽しかった。
ガガもブリトニーもかかったしね。選曲が神すぎた。

そういやラウンジで知らない外国人からお酒奢ってもらったり、頭撫でられて可愛いと言われたりして、自分は外人にモテるんだろうか。
前回も外国人にナンパされたし。和風な顔立ちだから?


もう朝も6時をまわったあたりでラウンジはクローズ。
ラストにMISIAのつつみ込むようにと、清水翔太のHOMEでしっとりと終了。
ここで友人らは帰ってしまったので、友人の友人と二人で7時くらいまでアリーナで踊ってました。
朝からハードな感じの曲ばかりかかってるのも良い。

日も昇ってきたあたりですき家でその友人の友人さんと一緒にご飯食べて、そのまま帰宅。
ほんと楽しかったなー!
次もまた行きたい!


イケメンと番号も交換できたし、今回はちょっと嬉しい収穫多かったな。笑
さー、パワー貰ったから明日からも頑張ろう!
[PR]
by innocentl | 2012-12-23 19:38 | 日常 | Trackback | Comments(0)

イルミネーション

c0141313_1605481.jpg

[PR]
by innocentl | 2012-12-15 16:01 | 日常 | Trackback | Comments(0)

捨て鉢

寂しくなって話し相手が欲しければ、仲のいい友達と遊んだり。

寂しくなって温もりが欲しければ、一緒に食事したりもできるドライでないセフレとセックス。
抱き合ったりキスしたり。

寂しいという感情を解消する相手が恋人でなければいけない理由なんてないし、そもそも寂しい感情を恋人にぶつけるという発想がそもそも良くないよね。

元彼との4年で学んだのは、恋人に求めるものは意外とそう多くないということ。
だったら関係がこじれて面倒になるよりは、最初から適材適所な関係を築く方がシンプルでいいのかも。

まあ、今は若くてそこそこモテるからこういうことも言えるんだろうけど。
そのうちまた恋人が欲しくなったりするのかなー。
[PR]
by innocentl | 2012-12-11 00:04 | 日常 | Trackback | Comments(0)

scream and shout



Britney bitch!
[PR]
by innocentl | 2012-12-10 03:37 | 日常 | Trackback | Comments(0)

パーティ

今日はパーティへ行ってきました。
ゲイの忘年会的な。

友達と行ったんですけど、最初二人とも会場間違えて系列店の別店舗に行っちゃったんですね。
そしたらそこにいた、同じく会場を間違えたであろう二人組と「あれ、パーティ参加の人ですか?間違えちゃいました?」的に話しかけて合流して、会場へ向かいました。

料理もお酒も美味しかったし、友達の友達と話せて少しは交流が広がったかなーと。
初対面の人ばかりかと思ったけど、実は意外にクラブとかで顔合わせてた人も多かったようで、お酒が入ると自分は人の顔を覚えない奴なんだなーと。

で、パーティも盛り上がってきたころに、最初に出会った会場間違えた二人組の片方のイケメンに「さっきはどうもー」的な感じで話しかけたんですよね。
そしたら話が弾むうちに、「いやー、俺実はノンケなんですよね」って。

ええー。
ノンケがゲイの忘年会的パーティ来ちゃって大丈夫なの?と思ったけど、友達に誘われてどうしても来てみたかった模様。
物好きもいるものですね…。

かなりのイケメンさんだったので、なんだか少し残念な気持ちもしたけれども、こういう出会い方でノンケと話すのは初めてだったので新鮮でした。
「ゲイの人ってみんな優しいよね」だって。そ、そうかな…(困惑)

あとは、生まれて初めてビアンさんの方ともお話したりしました。
すげえ偏見ですけど、ボーイッシュというかマニッシュというか、そういった方がビアンさんには多いのかなーと思ってたけど、フツーに女の子女の子した人でした。


楽しかったなー。
初対面の人が多いと壁の花と化してしまいそうになるけれど、やっぱりきっかけがあって話せると楽しいですよね。

就活の準備始めておいて、年末はクラブ三昧しよっと。
[PR]
by innocentl | 2012-12-09 04:31 | 日常 | Trackback | Comments(0)

I had a dream of you


[PR]
by innocentl | 2012-12-06 03:31 | 日常 | Trackback | Comments(0)

固執

ひとつのことに固執しすぎると、それを失った時の喪失感に耐えられないから、色んなものに目を向けておくといい。

私にはこれしかない、ではなく、私にはあれもこれもある。
だいたい、一つだけしか目を向けられないレベルの大事なものって、生きてるうちにそうそうお目にかかれないしね。

何でも代替可能。
[PR]
by innocentl | 2012-12-03 17:49 | 日常 | Trackback | Comments(0)

クラブ

年末年始は大規模なクラブイベントが続くから、少しエネルギーチャージしておこう。

高校生の頃はイベントのフライヤー見て「うわぁ、楽しそうだなぁ…」って思ってるだけだったけど、まさか自分がクラブジャンキーになるなんて思ってもみなかったな。

就活もしますよ。そこそこ。
[PR]
by innocentl | 2012-12-02 16:23 | 日常 | Trackback | Comments(0)

だけど

彼氏と上手くいかなくなってから、友達が少し増えた。

彼氏と付き合い始めたのは16の頃で、そのときは未成年だから飲み屋に出るだのクラブ行くだのできなくて、ゲイの友達をネットで作るくらいしかできないし、彼氏がいるからいいやーと思って全然ゲイの友達作りしてこなかったんですね。

でも、今年に入ってからだんだんと焦ってきて、「今の彼氏とこれから続いたとしても続かなかったとしても、自分はゲイの友達がほとんどいないから、別れた時には一人ぼっちだ…」って。

彼氏は自分と付き合う前にできた友達がたくさんいる人だったから、こういう焦燥感は理解できなかったようです。
「付き合ってる相手がいるのに、ネットとかで知り合ったゲイと会うのは良い気がしない」って言ってきたし。

そりゃあ、元々友達がそこそこいれば、彼氏と付き合ってる間に新しく友達作ろうと躍起になったりはしなかったでしょうよ。
不安になる気持ちはわかるけれども、自分は恋人を失ったら本当に一人ぼっちだったという状況に陥りたくないっていうか。


そして、自分も成人して、ある意味で恋愛関係が解消されて自由になって、クラブに行ったりイベント事に行ってみたり飲みに出たりして、そこそこ知り合いも増えてきて、これはよかったなって。
恋愛関係が足かせだった、という言い方は語弊があるからしたくないけれども、自由になったことによって友達が増えた。これは本当にうれしいこと。


未熟な状態で、行動が制限される恋愛関係を持っちゃいけないんだなと思いました。
自分が成熟してて、友達や知り合いもそこそこいて、充実した状態なら彼氏との関係もすごく長く続いたと思う。

でも、16かそこらの子供のころからいきなりそんな莫大な人脈も持てるはずもなく、最近は同世代のゲイの人たちが友達同士で飲みに行ったり遊びに行っているのを眺めて、胸が押しつぶされるようなさびしい気持ちでいっぱいでした。
「自分も付き合っていなければたくさん友達作れたのに。飲みに行ったりできたのに」って。
だからこそ彼氏ともすれ違いが起きたしね。

彼氏はいわゆる「ゲイライフにどっぷり浸かっていない、擦れていない年下の子」が好きなようだったけど、自分も4年も経てば成長するし擦れるしで、相手のニーズに合わなくなってしまったのだろう。
でもゲイライフに浸かって生活しないままで、30や40になってゲイの友人の一人もいないようなゲイが、果たして人として魅力的なのだろうかっていうね。

まあ、価値観の相違ってやつなのでしょうけど。

しかし彼氏も自分はゲイの友達たくさんいるのに、こっちには友達も作らずにゲイライフに浸るなって、それはずるいと思う。
飼い殺しもいいところだと思う。


あれ、彼氏にはいいところもたくさんあったし、いい思い出だってたくさんあるのに、読み返すと恨みつらみしか書いてないや。
綺麗な思い出だけ残したいのにね。
[PR]
by innocentl | 2012-12-02 02:30 | 日常 | Trackback | Comments(0)

別れたのかそうでないのか

1ヶ月ほど前に、彼氏と別れ話をしました。
そこからお互い色々とあって、結局今は別れているのか別れていないのか…。
微妙な状況です。

けれども失恋したからといって生活が変わるわけでもなく、自分は相変わらず忙しく生活しています。
就職活動も始まったし、感傷に浸ってる余裕もないので。
でもまあ、相手からメールや電話が来なくなったってことを意識すると、「あれ、別れたのかな…自分たち」と実感するというかなんというか。

お互い本音を話さないタイプだったから、別れ話を進めていくうちに「お前のああいうところが嫌だった」「お前のこういうところが理解できない」だの言い合って、結局話がこじれて連絡取り合わなくなって…って感じです。
付き合ってる時に喧嘩とかしたことなかったんですけど、それは別に仲がいいというわけではなく、本音を言い合うことができるまで関係が成熟しなかったということなんでしょうね。

4年半も付き合って、どれだけの心の距離を縮められたのでしょう。
ただの恋人ごっこだったんでしょうか。
自分には長すぎた。


あまり彼氏のことを意識しないように、今はクラブに行ったり、友達と飲みに行ったり、一回きりのセックスだけのカジュアルな関係を持ったりしてますが、割と退廃的ですね。


そういえば彼氏に昔、「お前とは顔で付き合ったわけじゃないから。見た目はまあまあだよね」と言われたことがあったな。
その言葉の呪縛から逃れるためなのか、ドツボにハマってるだけなのか、ここのところ見た目だけで自分を選んでくれる人とセックスしたりしてます。

見た目だけでお互い気に入りあって、セックスして。
かっこいい人から「かっこいいね」と言ってもらって、セックスのお誘いを受けて、そのままセックス。
アホみたいですが、これだけで少しは自尊心を保てます。

イケメンに受け入れてもらって、抱いてもらうだけで、少しほっとする。


でもまあ、こんなこと続けてたらいつか身を滅ぼすことになるので、あと少ししたらやめると思います。
本格的に自分自身と向き合うのはその時かな。
[PR]
by innocentl | 2012-12-02 02:06 | 恋愛 | Trackback | Comments(0)