<   2010年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。

遅いですね。
もう今年になって10日近く経ってますね。

まともな更新がないような状態でも、毎日見てくださってる方がけっこういらして、本当に驚いてます。
だから新年の挨拶くらいしておかないとね…忙しくても。

いよいよセンター試験まで残り1週間。
正直な話、滑り止めの大学がセンターで受かったとしても、そこには行かない予定なのであまり意味がないんですけどね…。

でも、当日の受験会場が一般試験で受験する予定の大学なので、ある意味いいシミュレーションにはなるかな…と。


さて、高校生活も残りわずか。
卒業は3月ですが、登校するのは残り14日。
1月が終わったら、次に学校に行くのは卒業の日です。

なんだか眠れないので、少し高校生活でも振り返ってみます。


高校受験
3倍だったか4倍だったか、うちの学校は高校受験としてはそこそこ高倍率な人気校でした。

親からは絶対に公立にしか行かせてやれないと言われていたので、実力相応と言いますか、そんなに挑戦した受験ではありませんでした。(そう自分では思ってた

でもよく考えたら、うちの学校よりも偏差値の高い学校のほうが倍率低かったし、微妙に危険な選択をしていたのかもしれません…。
受かったから結果オーライだけど。


入学、高校1年生
クラスではまぁまぁ楽しくやっていたのですが、高1の夏休みに部活の人間関係のトラブルにより退部。
どうしても馬の合わない相手っているよね。部活でやってたスポーツ自体も、想像してたほど楽しくなかったし、思い切って退部してしまいました。

一気に暇な時間が増えたのでバイトでもしようかと思ったけど、「高1の方はちょっと…」と、面接の電話で断られることが続いたので、結局バイトもせず。
高校生らしくコンビニとかスーパーのレジのバイトに申し込めばよかったのに、書店やら飲食店やら、ちょっと高望みしすぎた気がしてます。

高1の秋に、ゲイの掲示板の存在を知りました。
その辺はまぁ、今までも書いてきたから飛ばします。

で、高1のちょうど今頃。
大切な親友ができました。彼がいてくれなかったら、本当に自分は気だるいだけの自堕落な奴になってたと思います。


高校2年生
ほんっと印象ないです。
作り笑いだけで1年間通した感じ。クラスメートの顔が思い出せない。

数学の成績が本格的に落ち始め、一時は進級すら危なかった時期。
それでも定期テストの順位はクラスでも上のほうだったから、あのクラス、相当馬鹿だったんだろうな…。

学校では冴えなくても、学校外では絶好調。(ハンナモンタナみたいだな…笑
高2の6月、今の恋人と付き合い始めました。
ゲイの友達ともしょっちゅう出かけてました。

まぁ、友人だと思ってた人に手のひら返されたような態度を取られたり、若干シリアスな要素もありました。


高校3年生
学校でもプライベート(?)でも、けっこう充実してた1年。
もう学校も受験モードになるし、文理に分かれたクラス替えをしたから似たような目標の仲間も多かったし、落ち着いた学校生活を送れました。

数学のテストもなくなったしね。
得意教科・好きな教科だけ勉強すればよかったのも、気が楽だった要因かも。

受験勉強があるから、なかなかデートもできないし、友達とも遊べなかったけど、それを無理やりにでも自信に繋げて残りの勉強を頑張るしかないよね。



色々振り返ったけど、自分の中での「良かったこと」は、ほとんど学校外で起きたから、あまり「学校が楽しかった!」「素敵な高校生活だった!」とは言えないな…。

「高校時代」として見れば素敵な友達とも巡りあえたし、いい思い出も苦い思い出もたくさんあったから印象深いけど、「高校」だけで見るとうーん…。
いや、学校でも良い友人には巡り合えたけど、やっぱりゲイの友達のほうがもっと深いところまで話せるし…って。

学校でも、もっと思いっきり物事に挑戦すればよかったかも。
少し後悔。


でも、逆に言えば2つ居場所があったから恵まれてたのかもしれません。
学校と外。

学校生活が退屈で、嫌なことばかり続いた時、たいていの人は「ああ、また明日もあんな環境の中に行かなきゃいけないんだよな…」と、気が滅入ると思うんですよね。
でも自分は「まぁ自分には外にも居場所はあるし…」って、ある意味冷静というか、一歩引いて状況を眺めることができたというか。

そもそも、学校だけでしか友人作らない人のほうが、自分としては視野が狭くてもったいないな…と思ってしまうんですよね。
高校生だから仕方ないとは言え、同じ世代の仲間だけで集まってても、価値観が凝り固まっちゃうというか。

ライターだったり、大学生だったり、ピアニストだったり、教師だったり、料理人だったり…。
年齢も職業も、バックグラウンドも違う友人が自分にたくさんできたこと、これは本当に嬉しかったです。

悩んでても、ものの見方を変えることができたり…。
友人たちにはだいぶ救われたな…。


眠くなってきてしまいました。
明日も勉強しなきゃいけないし、そろそろまとめなきゃ。

高校生としては、平平凡凡とした生活でした。
適当に学校行って、適当に何人かとつるんで、適当に勉強して…。

でも、人間的にはだいぶ大人になれた気がします。
人前で自分を取り繕わなくなった。というか、人のご機嫌ばかりを窺うような付き合い方はしなくなった。
少しだけ自分に自信が持てたし、少しだけ自分のことを好きになれた気がします。

家族、友人、恋人のおかげです。

カミングアウトをして、受け入れてくれた家族。
辛い時も励ましてくれたし、最高に楽しい時間を過ごせる友人たち。
恋人…は恥ずかしいからいいや。


さあ!受験頑張ろう!
もう1年やることになっても、ビジョンは明確だからきっと大丈夫。

寝よう!
[PR]
by innocentl | 2010-01-09 02:49 | 日常 | Trackback | Comments(0)