2017年 04月 11日 ( 1 )

最近思う

母方の祖母は今でいう毒親で、伯母、つまり母の姉ばかり可愛がっていたという。
自分が中学生の頃、実家を建て直すとのことで祖母の家に家族みんなで数ヶ月居候をすることになった。

そのときに母は祖母と絶縁するほどの大喧嘩をし、以来一度も祖母と顔を合わせていない。
積もりに積もったものが爆発し、修復が不可能になってしまったのだと思う。

同じように自分は母と絶縁し、一度も帰っていない。
母の人生をトレースしたかのように、全く同じ出来事が自分と母の間にも起こった。
母は祖母の葬式にも出ないだろうし、自分も母の葬式には出ないだろう。

毒親というのは負の連鎖で断ち切れない呪いのようなものだという。
母も鎖を断ち切ったように見えて、実のところ祖母と同じことを自分にしてきた。

自分は子どもを作れない身体でよかったと思う。
きっと子どもを持ったとしても虐待してしまうだろうし、幸せな家庭を築くことができないだろう。

母が味わってきた苦しみを自分も味わい、母が祖母に与えた傷を自分も母に与えたのだろう。
繰り返しているけれど、自分でせき止めることができたのだから充分だろう。

最近思う。
同じことを繰り返している。
[PR]
by innocentl | 2017-04-11 22:56 | Trackback | Comments(0)