九州へ行った話

仕事の出張で九州の鹿児島まで行った。
1泊くらいさせてもらえるのかなと思いきや、朝の便で羽田を出て、最終の便で帰ってくるという弾丸出張だった。

朝の東京は19℃ほどしかなく肌寒かったのでレザーを羽織って行ったが、鹿児島は28℃を超えていたので空港を出た瞬間に汗ばんでしまった。
空港で観たニュースでは、奄美大島が梅雨入りしたと報じていた。

空港からクライアントに会う繁華街までバスで移動したのだが、空港ではまだそこそこ周りに馴染めていたレザージャケット姿も、街に出てしまうと完全に浮いていた。
鹿児島の人たちは皆、真夏さながらの薄着姿で街を歩いていた。
もっと薄着で来ればよかったかもしれないと思いつつも、最終の便で東京に戻るころには深夜だし肌寒いだろうなとも同時に思った。
それにしても想像していた以上に南国感があって、カルチャーショックのようなものを受けた。
沖縄ならそりゃあ暑いだろうし南国っぽさもあるだろう。鹿児島は九州だし、そこまで東京と変わりはないんじゃないかと思っていたのだが、間違いだった。

クライアントと会うまでに1時間半ほど時間があったので、鹿児島で一番の繁華街だという街を散策してみた。
巨大なアーケードに覆われた商店街は活気に満ちていたが、日曜日の昼間にしては人気が少ないようにも見えた。
車社会だからあまり駅周辺に人がたまらないのか、それとも地方の繁華街とはそもそもこういうものなのか考えを巡らしながら喫茶店に入った。
思えば高知県に旅行に行った時も、繁華街といえどもこうしたのんびりとした空間が広がっていたような気がする。
東京が殺伐としていて異常なだけなのだろうな、と無理やり自分自身を納得させた。

仕事を済ませたあとは、学生時代からの知人に会った。
お互いまだ学生だったころ、彼は鹿児島から数人で東京に遊びに来ていたのだが、SNSの繋がりはあったので何かの拍子で一緒にクラブに出かけることになって朝まで過ごした。
初めましての状態から新木場のクラブイベントで朝まで遊ぶという、学生ならではの無茶な遊びをした。
彼はあれ以来東京に来ていないし、自分も鹿児島に行く機会がなかった。

久々に会った彼は学生のころと何ら変わらず出迎えてくれた。
最終の便で帰るため、空港行のバスに乗り遅れないようにしたいということを伝えると、空港まで送ると申し出てくれた。
1時間程度夕飯を一緒に食べられればいいかなと思っていたが、空港まで送ってくれるのであれば4時間弱は空き時間ができる。
彼の申し出を受け入れ、桜島の観光に出かけた。

その日も小規模な噴火があったようだが鹿児島の人にとっては日常のようで、誰一人として上がる噴煙を気にしている様子はなかった。
友人も「あれはゲップみたいなもんだよ」と笑っていた。
街の人たちは標準語に近い言葉で話していたので、喫茶店に入ったときや仕事で入った店の人たちの言葉が気になることはなかったのだが、彼の言葉のイントネーションが標準語のそれとだいぶ異なっていることにこのとき気づいた。
国の言葉があるというのはいいなと感じたが、自分だってきっと武蔵の訛りはあるだろうし、いわゆる標準語とは違う「東京方言」を使っているのだろうけれど、東京にいるとそれすら自覚できないよな、と思った。

観光が済むと、黒豚のトンカツを食べに行った。
これがまた絶品で、自分が東京で食べていたトンカツなんて段ボールみたいなものだったんだと思えるくらいの衝撃だった。
東京のトンカツと言ってもチェーン店のものや弁当に入っているものなので、一流の店で食べればまた違ったのかもしれないけれど、鹿児島の黒豚は格が違うと思う。
塩だけで十分美味しいし、肉汁が多いのに脂っこくないのが凄いと思った。

夕食を食べ終わってから空港まで向かったが、19時近いというのにまだ外が明るいのが印象的だった。
空港でまた少し時間をつぶし、今度はプライベートで遊びに来ると彼に告げて別れた。
温泉も豊富らしいし、次は絶対に入りたい。

日本で行ったことのない場所はまだまだたくさんあるどころか、ほとんどの場所に行ったことがない。
東京ですら降りたことのない駅が大半を占めている。
全世界を回りたいとは言わないが、せめて日本のすべての県には一度は訪れたいなと思った。

[PR]
by innocentl | 2017-05-24 14:20 | 日常 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://innocentl.exblog.jp/tb/26685396
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by シュウ at 2017-05-24 16:51 x
出張お疲れ様です。

僕も最近、友達と沖縄に旅行でいきました。

飛行機が得意じゃなくて、
それではじめは僕は沖縄旅行に乗り気ではなかったんですが、
沖縄に着いたら、東京とは全く違う街並み、人、食事にびっくりしました。
特に、沖縄の海は本当に東京のそれとは違って、碧い(あおい)って言葉を感じました。

僕もいろんな日本をもっと知っていきたいなって。
鹿児島は俺はまだ行ったことない場所なので、桜島の噴火も是非見てみたいですね。


<< 向いている仕事 「気を遣え」という脅迫 >>