前に住んでいた街

一人暮らしをしていた横浜の街を歩く機会があった。
いい思い出もないし憎んでいる人も多いため、前職を辞めてから2年近く一切横浜には立ち寄らなかった。

JR横浜駅を降りて川沿いに歩き、前暮らしていたマンションを目指した。
人がごった返している駅前を歩くのが嫌いだったので、わざと人通りの少ないこの道を通っていたことを思い出しながら道を進んだ。
横浜は坂が多い。長らく関東平野特有の真っ平らな地方都市で過ごしてきた人間からすると高低差が激しくて位置関係がうまく把握できない。

高台にのぼると、みなとみらいのビル群や観覧車が見えてきた。
住んでいたときはいろいろなことが嫌になっていたので街すら憎んでいたが、今見ればけっこうきれいな街なんじゃないかとも感じた。
休日の昼間ということもあり、高台の住宅街は人の気配がなくしんとした静寂が広がっていた。

一人暮らしをしていたときによく通っていた商店街をぐるりと歩いてみたが、休日だったのでほとんどの商店が閉じていた。
新しいマンションが数棟建っているほかは2年前と全く変わりなく、このままあのマンションの一室に帰ってごろんと床に寝転ぶ姿さえリアリティをもってイメージできた。
部屋に入ったときのひんやりとした部屋の空気、粗めのカーペットの肌触り、少し離れた国道の車の音などを思い起こし、確かにここで暮らしていたのだと改めて感じた。

この街で生きていたとき、いい思い出だってあったじゃないか。
彼氏が遊びに来たときはポップアップバーで売っていたモヒートを飲みながら海沿いを歩いた。
友人と安い居酒屋で語り明かしたことだってあるし、うまいラーメン屋だって見つけた。

一人暮らしを始めてから、生きていくうえでいろいろなことを学んだのだってこの街だった。
生きていく力をこの街で養った。
残念ながら悪意ある人々に囲まれてきれいな会社の辞め方をしなかったけれど、生活面で憎むべきところは数えるほどしかなかったのかもしれない。
坊主憎けりゃ袈裟まで憎いとはよく言ったものだと思う。

トラウマの克服とまで大げさなことを言うつもりはないが、少し心の中につかえていたものは取れたような気がする。
かとってこの街に今後来る機会があるかというと全くそうではないが、ここに置いてきてしまったきれいな思い出だけは拾って帰ろうという心づもりでいよう。

[PR]
by innocentl | 2017-02-21 18:25 | 日常 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://innocentl.exblog.jp/tb/26444278
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 港 ないものねだり >>