生きているうちは

正月、母から年賀状が届いていた。
ありがちなテンプレートが印刷された年賀状に、母の好きなキャラクターのシールが小さく貼ってあり、「毎日健康に」といったような内容が一言だけ書いてあった。

「息子はいなかったものだと思って生活してほしい」と、以前手紙で伝えたつもりなのにな、と肩を落とした。
子どもはいないし、そもそも作ることができない身体なので、親の気持ちは僕にはわからない。
これは彼女なりの贖罪なのか、後悔の表れなのか。

いずれにしても覆水盆に返らずというか、壊れてしまったものはもう二度と修復できないし、するつもりもない。
そもそもの話になってしまうが、最初から母も母で「理想の家庭」を高く掲げすぎて無理して理想を演じていただけかもしれないし、その「理想の家庭劇場」の舞台裏を見てしまった僕が勝手にショックを受け、傷ついて家を飛び出しただけなのかもしれない。

家庭のことはそんなに話さないが、どうしても話さなければいけないときには「親はいない、生きているのか死んでいるのかもわからない」と伝えて過ごしている。
世の中「家族は無償の愛で繋がっている。困ったときに助け合えるのが家族」という宗教を信じて過ごしている人が想像以上に大多数を占めているので、自分のような無宗教者はアウトローとして扱われ、腫れもの扱いをされる。
そのおかげで深入りされずに済んでいるところだけは感謝すべきことであるけれども。

親も人間なので完璧である必要はないし、人として間違ったことを犯してしまうことだってある。
そうではあるけれども、当時メンタルも充分に回復していないどん底の状況で拒絶をされたという事実は深く傷つけられたことであったし、到底「完璧な人間なんていないよね。はい、喧嘩両成敗」で済ませるものではない。
こういう時、相手が他人だったら関係を切って終わりにしていたのが元来の自分なので、それに従って関係を清算したまでだという話だ。

親と縁を切って生きるというのは想像以上に気楽で、自由で、「ようやく自分の人生を生き始めることができたな」と清々しい気持ちなものだ。
今まで自分の中で無意識にブレーキをかけていた部分や、(意識下なのか無意識下なのか)勝手に制限をかけていたものが取り払われた気分だ。
その分孤独であるし、自分の保護者は自分なので責任を負わなければいけないものも多いけれど、得たもののほうが多い。

時折悲しみや辛い気持ち、怒りがフラッシュバックすることもあるけれど、これも別に悪いことではない。
そうした心の傷も含めて「自分」だし、折り合いをつけて上手に付き合っていくしかない。

少しずつだけれども、自分の足で歩き始められている。
今度親から手紙が届いたら、もう一度「息子は死んだものだと思え」と伝えるつもりだ。
子を育てるのは親の義務だし、ある程度まで育ててもらった恩義はあれどそれに囚われる必要はない。
薄情と言われようがその後のことは知ったことではないので、いつまでも「死んだ」息子の亡霊に囚われていないで親にも親の人生を生きてほしいと思う。

[PR]
by innocentl | 2017-02-14 18:13 | 日常 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://innocentl.exblog.jp/tb/26425153
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ないものねだり 金曜22時過ぎクラブにて >>