マウンティング

すっかり一般的になった「マウンティング」という言葉。
恋人の有無や容姿、月収や交友関係などさまざまなことにおいて「自分の方が上」だということを誇示したい人がする、意識的・無意識的な格付け(や、それに準ずる言動)を意味している。

「クリスマス一人なんてかわいそうだね。私だったら考えられない」とでもSNSで発言すれば、「あいつマウンティングうぜぇな。彼氏がいるってことがそんなに偉いんですか」とヘイトを生む。

自分自身、マウンティングをかけてくる人や好戦的な人は苦手だ。
そういう人たちは良くも悪くも野性的というか、動物同士の力関係をはかる行為の「マウンティング」という名が示すように、たいていいつもギラギラと餓えた目つきをしているので怖いなと感じている。
向こうも向こうで、自分のようにダウナーでカースト外の人間はハナから眼中にないようで、面と向かってマウンティングをかけられたことは少ないのだけれども、SNSには全方位にマウンティングをかけているクソババア(注:ゲイの言う『ババア』はゲイの男性のこと)が多くいる。

そういう人たちは「自分の考える基準の中で」少しでも人より優位に立っていることに喜びを見出す宗教を信仰しているだけなので、そっとしておくしかないと思う。
学歴が一番大事だと考えている人は、高卒で年800万稼ぐ人よりも院卒のニートの方が素晴らしいと考えているだろうし、恋人がいることが大事なことと考えている人は3ヶ月単位で出会いと別れを繰り返している人の方が、仕事や友人関係に重きを置いてあえて独り身でいる人よりも素晴らしいと考えているだろう。
僕も今までの人生観のバイアスが邪魔をしてまるで「高卒の高所得者」や「あえて独り身を貫く人」の方が尊いかのような書き方をしてしまったが、これこそ宗教なのでどちらが良いか悪いかなどはない。外野がとやかく言ったり、是正してやろうと躍起になる問題ではない。彼らはそういう信仰なのだ、というだけだ。

そんな話はさておき、世の中はマウンティングに過剰になりすぎていると思う。
「ボーナス出た」と誰かがつぶやけば、「ボーナス出ない人だっているのに自慢かよ」とヘイトを生む。
「クリスマスのために食材買ってきた」と誰かがつぶやけば、「恋人いますアピールかよ」とヘイトを生む。

あえてマウンティングをかける人はそりゃあ思慮が足りない気もしないでもないが、あくまで日常会話の一つとして発言したことが揚げ足取りのように「マウンティング」扱いされるのは言葉狩りなんじゃないかとも思う。
人は全員違う人生を生きていて立場も違うので、その人の「日常」が、他の誰かにとってはどうあがいても手に入らない羨望の対象であるかもしれない。だが、それは誰だって一緒だと思う。
自分だって「低所得のフリーランスで毎日カツカツだよ」と思って生活しているけれど、会社のしがらみに悩む人からは「でも嫌なクライアントの仕事は断れるんでしょ。羨ましい」となるかもしれない。
逆に自分は会社員の安定した給与が今となっては羨ましいなと思うのだけれども。

余裕がないときはギスギスすると思う。
自分だって恋人がいないときにSNSでデートの報告をしてくる人を僻んでしまった時期もあるし、端的に「こいつムカつく奴だな」と思った人だっている。
それはそれで仕方のないことだと思うし、仲間内で愚痴や悪口を言い合うことになるのも仕方ないと思う。
でも、SNSで攻撃をするならせめて、その人は客観的に見て「『意識的に』『攻撃として』マウンティングをしてきているのか」を考えてから反応した方が、きっと他人から見られたときに頭が悪い人にはうつらないと思う。
人を攻撃する目的でマウンティングをかけているのならば反撃される可能性もなきにしもあらずだが、日常会話として自分の立場を語っているだけの人を攻撃するのは、自分の価値を下げて人を遠ざけるだけだと思った。

[PR]
by innocentl | 2016-12-22 17:44 | 日常 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://innocentl.exblog.jp/tb/26257177
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< むかしむかし、“円”が世界で一... 幸せの基準 >>