絶縁

親子とはいえ、根本は違う人間である。過ごしてきた共同体が一緒というだけで、親のクローンなわけでも人形でもない。全く別の人間である。

前職を辞めてから実家に身を寄せていたが、追い出されることになった。元々実家に戻りたかったかというとそうではないのだが、無い袖は振れないので仕方なく実家に身寄せをしていた。引っ越し資金が貯まるまでということで毎日昼夜関係なく昼職にアルバイトを2つ掛け持ちし、なんとか生活を立てなおそうと努力をしていたのだが、生活リズムの違いや「Web上のマガジンの記者・ライター」という親世代にとって実態が感じられない仕事内容などが理解を得ることができずに、とうとう半ば家出のような感じで絶縁を選択してしまった。

「親子なんだからわかってもらえる」というある意味幻想を心の何処かで信じてしまっていたところがあったが、うちはそうではないのだと気づいてしまった。「金銭的に困窮しているのだから、お金を入れれば少しの間だけでも実家においてもらえるだろう」という甘い見積もりをしてしまったのは僕のミスだ。いくら話しても分かり合えない人間はいる。僕はたまたまそのタイプの人間が実親だったというだけだ。他の場面で話し合っても分かり合えない人間と出くわしたとき、僕は距離を置くようにしているので、やはりこの場合は僕の今後の人生のためにも実家を離れたほうが良いのだろう。

ダンボール2箱に収まるだけの服とPC、仕事上必要な書類やカメラや少しのアクセサリーと香水、靴を3足、預金通帳と充電器の類だけを持って、家を出た。

「二度と帰らないので、残していった服や電気機器などは換金するなりして今までの家賃の足しにでもしてください」という書き置きを残し、ダンボール二箱だけを着払いで新居へ送った。

お金がないのでしばらくは彼氏の家に身を寄せることになる。ワンルームの部屋なので二人暮らしには幾分狭いが、僕も会社に泊まったりアルバイト先のラブホの客室に泊まったりできるので、距離を置きたくなったら僕は外で過ごすということを伝えた。

本当は人になど頼りたくないのだが、無い袖は振れないし、背に腹は代えられない。

出来る限り迷惑にならないよう、早くお金を貯めなければ。やることはたくさんある。焦燥感を感じている暇すらない。とにかく、生きるしかない。

なるべく迷惑にならないよう気をつけないと。

親を傷つけたいわけではないが、僕も僕の人生を歩まなければならないし、生活をしていかなければならない。

宅配便の集荷が来て対応をしていた間に書き置きを読んだのだろう。

家を出る準備をしていたら母親が「少し話しましょう」と言って僕の部屋のドアをノックした。

今まで育ててくれたことに関しては感謝をしている。けれども、僕ももう24なのでいつまでも親の理解の及ぶ範囲でしか行動を出来無いような、コントロール下で動く人間であってもならないと思っている。だから仕方のない事なのだ。

母親は心配をしていた。僕の描くビジョンがどうなっているのかを尋ね、僕には僕の、親には親の人生があるということをたどたどしい言葉であったが説いた。僕も今までのことに関しては感謝をしているが、今後の人生のためにも、このまま僕が実家にいてはお互いが駄目になってしまうことを話した。好きで昼夜関係なく働いているわけではないこと、好きで低所得なわけではないことなど、今まで言えなかったことも素直に話した。もっと早く話せていれば、こんなある意味究極の選択をしないでも良かったのかもしれないのにな、とも感じた。

「今日出て行く」と伝えると、母親の顔が困ったように歪んだ。「そんな急に」と、言葉に詰まっているようだった。「携帯の番号も変えたから」とだけ残し、玄関の方へ向かったが、母は「どうして何も言わずにそうやって色々なことを進めるの」と、泣きそうな顔で言っていた。無視するような形で僕はドアを開け、駅へ向かった。

頭を冷やせばまた家族に戻れるのかもしれないけれども、僕もこの数ヶ月でだいぶ傷ついたし、色々なものを摩耗した。また会える日が1年後なのか10年後なのか、もう一生会うことがないのかわからない。

子供の家出ではないので、それなりの覚悟を決めて僕もこの選択をした。

1224日はすごく暖かくて天気が良い、家出日和だった。


[PR]
by innocentl | 2015-12-25 18:37 | 日常 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://innocentl.exblog.jp/tb/25103837
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2015-12-28 16:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-12-28 17:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 風俗嬢 年賀状 >>