女性不信

前の職場で受けたパワハラの影響で、女性不信気味になった。

前職は女性の多い職場だったために女上司、女の先輩に囲まれて仕事をしていたが、女性というのはどうも徒党を組んで「女対男」の構図を作りたがる節がある。
部署に1人だけの男だった僕はいつもスケープゴートに使われ、何か起これば槍玉にあげられた。
仕事のことだけならまだしも、女性はプライベートの詮索もおかまいなしだし、仕事に関係ない人格攻撃はしょっちゅうだし、「こっちは女なんだからいいでしょ」のような態度で堂々とセクハラ染みた発言をしてくる。
性的なセクハラではなく、ジェンダー差別に基づくセクハラだ。
「都合の悪いことは男が責任を負うべきで、女は常に弱い立場」という意識で、男を追い詰める職場だった。

もちろん世の中の女性が全てそうだと言い切る気はないが、自分の身に起こった経験ベースでバイアスというものはかかるので、女性とは今後の人生でなるべく関わりたくないなと思っている。
レズビアンの子が相手なら普通に話せるのだが、どうもノンケの女性相手だと「どうせお前も俺の敵なんだろう」というバイアスが最初にかかってしまい、必要以上に身構えてしまう。

環境が僕の知覚を歪めたのだと思う。
女性は仕事上でも「女性性」を武器にして男を威嚇するので怖いし、もう二度と「女性が働きやすい」を謳い文句にしている職場には勤めたくない。
かといってガチガチの男社会というのもそれはそれで性根の悪い奴が多いというのを知っているので、バランスの良い企業に勤めるべきだと思う。
まぁ、今はフリーランスだからこんなことを考えていても仕方がないのだが。

人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。

[PR]
by innocentl | 2015-12-05 02:26 | 日常 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://innocentl.exblog.jp/tb/25021631
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 年賀状 鏡を見る >>