半端者

「顔は合格点だと思うけど、体型は正直いって中途半端だね」

夜の仕事をしている人から、こう評価された。
カテゴライズしづらい、とも言われた。
ごもっともだと自分でも思った。

自分はけっこうゲイにモテてきたほうだけれども、その理由は体型のセックスアピールではなく、顔や性格が大部分をしめている。
そんなに悪い性格はしていないと自負しているし、顔もシンプルだけれども男っぽい、アクのない平均顔をしていると思う。
何もしなくてもわりと声がかかってきたほうなので、肉体改造というか、そこまで本腰を入れて身体を鍛えてこなかったのだ。
ジムには一応通ってはいるけれど、別に「痩せたい」とか「もっとここに筋肉を付けたい」とか、明確な目標はないのだ。
「ただなんとなく、何もしないよりはマシかと思って」という理由だ。

「絞った身体にするのか、ガチムチ体型になるのか、そろそろ明確にした方がいいんじゃない?」とも言われた。
さっき書いたとおり、僕はカテゴライズしづらいのだ。
絞りに絞った体脂肪率一桁のボクサーのような体型になるのか、筋肉の上にそれなりの脂肪のついたガッチリとしたプロレスラーのような体型になるのか、そろそろ決めないといけないのかもしれない。
「ガッチリ体型です」「絞った筋肉質な体型です」といったように、カテゴライズがしやすければその分記号的な意味で自分のアイデンティティを確立できるし、似たような見た目の仲間が集まる飲み会やパーティなどにも誘われやすくなると思う。
女子で言えば「女子アナ系」とか「モデル系」とか、ある程度の見た目でのカテゴライズができれば例えば合コンなどで男に女の子のイメージを伝えるときにイメージが湧きやすくなるような、そんな感覚に似ているかもしれない。

僕は半端者だ。
一応はジムに通ってはいるので普通体型よりかは筋肉があるかとは思うが、特別絞るようなメニューは取り入れていないので「普通体型よりかは筋肉はあるけれど、なんだか緩いところは緩く見える」といったような感じだ。
顔もカテゴライズしづらいと思う。
スーツを着て地味めにしていれば「リーマン系」といったくくりでまとめられるかもしれないが、ちょっと私服を着て髪をセットしたりすれば若干強面というかヤンキーというか、ゲイ用語でいれば「やんちゃ系」のような見た目にもカテゴライズができると思う。
内面がそうかどうかは置いておいての話だが。
行動パターンで言っても夜遊び大好きな「パリピ」ってわけでもないし、かと言って休日は犬とカフェに行ってますのような「ナチュラル系」ってわけでもない。

自分は何にカテゴライズができるのだろう。
どこに所属すればいいのだろう。

「こういう人にモテたいから、こういう人たちと一緒に遊びに行きたいから」のような明確な目的があって自分の見た目をそっち側に寄せていくことができる人は、ある意味すごいと思うし尊敬する。
今の状況に甘んじて、方向性や自分のアイデンティティを確立できていない僕は、正真正銘の半端者だろう。

人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中。

[PR]
by innocentl | 2015-10-23 17:04 | 日常 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://innocentl.exblog.jp/tb/24847162
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by じった at 2015-10-24 10:55 x
肉体労働すればいいと思いますよ。

自意識が強すぎるときは、それがなくなるように逆のことするといいと思います。

もはや、誰にもてようとするか、じゃなくて、

どうやって必死で生きているかで、

心や体が形作られる年齢ですよ!

介護職するとか。

ライター続けるなら、売りをするとか。


<< ダブルワーク 帰る場所がない >>