パワハラ

休職に入って一呼吸置くと、働いていた頃の自分が遠い昔のことのように思えてくる。
まだ3週間も経っていないのに。

冷静になって考えてみると、うちの会社にはガスライティングとパワーハラスメントが横行していた。

ネットが繋がるPCとプロジェクターを打ち合わせ前に用意するように、と言われたために、完璧に準備をしておいても、全くそれらを使わないまま打ち合わせが終了した。
次からは「PCとプロジェクターは使いますか?」と確認するようにしたが、「そんなもん当たり前だろうが」と言われ、結局使いもしないPCとプロジェクターをセッティングするために毎日のように無駄な仕事をさせられていた。
PCとプロジェクターだけならまだいいが、重いスピーカーを用意させられたこともある。
もちろん、打ち合わせでは一切使用しなかった。

「あなたのお母さん、ヤンキーでしょう」と女上司に言われた。
明らかに馬鹿にしているニュアンスを含ませた言い方だったが、「へへぇ、そうなんですよ」とヘラヘラ笑って答えた。
背が低く頭が大きい、ちんちくりんで不細工な上司だった。
こんな女に母を馬鹿にされたという悔しい思いは今も心で燻っている。

何かミスをした時「大変失礼致しました」とこっちは謝っているのに、「ねぇ、謝るの苦手?あなたって謝らないよね」と、何度も謝罪を要求された。
すみません、すみませんと、心を殺して繰り返すしかなかった。

別の部署に異動したとき、客を相手にするのは初めてなのに、「この資料使って適当に説明しておいて。あと、提出してもらった用紙の赤入れもやっといて」と、まともな説明もなくやらされた。


いや、もうこの業界に戻ることはないだろうから、書いてしまおう。
僕の書いてきた「客」とは、学生のことだ。

僕は学校で働いている。
学生時代にオープンキャンパスの手伝いなどをしていたことから学校で働くことに興味を持った。
学生と一緒に、広報活動やイベントの企画などをしていけると思っていた。

もちろん、甘い考えだった。
学校とは一般企業以上にクローズな世界で、公務員と違って私学だとパワハラが起きてももみ消されるような、汚い世界だった。
私学なんて一般企業と公務員の悪いとこどり、だ。

広報活動では綺麗事ばかり並べて学生を騙し、高い学費を払わせ、学んできたこととは全く無関係な業界の、テキトーなスーパーや電気屋に就職させる。

学校は離職率も非常に高いし、例に漏れずうちの学校もそうだった。
僕よりあとに入った人もどんどん辞めていく。

給料はそこそこだったのかもしれないが、パワハラを飲みこめるほどの金額ではないし、残業代は一切出ない。
査定はブラックボックスなので、昇級やボーナスも不確定だ。

優しい人や人情のある人はどんどん辞めていった。
人を切り捨てていくことに罪悪感を持たない人、周りを蹴落として評価を得ることに疑問を持たない人は残っている。
学生からの金で生活しているので、ある程度は学生を金のなる木扱いする気持ちもわからなくはないのだが、そんな学生をモノ扱いして適当にあしらって毎日毎日学生の悪口を言いまくって過ごしている先輩や上司たちに嫌気がさした。
こんな人たちと一緒に働きたくない、こんな人たちみたいになりたくないと思った。

若いんだと思う。考えが青いんだと思う。
だけれども、違うのだ。
この会社はおかしいのだ。

一緒に働きたいなと思った優しい先輩は心を病み辞めていく。
優しい上司は部下から逆パワハラを受けている。

何かがおかしいのだ。

僕は人としての心を捨てきれないから、新しい仕事を見つけた。
新しい仕事を通して、自分のスキルを磨いて、社会に還元していきたいと思う。
前の職場では自分の能力を会社、社会に還元していきたいだなんて思いもしなかった。
毎日怯えて過ごしていた。

給料はそこそこ良かった会社に勤めて思うのは、仕事はお金じゃないということだった。
僕はゲイだし、守るものもないし、やりたいことをやって生きていくようにしようと思う。
もう、泣き寝入りはしたくないので、自分だけが頑張れば結果が出る仕事をしたい。
自分の面倒を自分で見られて、自分で責任が取れる仕事をしたい。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
↑ランキング参加中。

[PR]
by innocentl | 2015-08-23 00:30 | 日常 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://innocentl.exblog.jp/tb/24587400
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by さとや at 2015-08-24 18:39 x
うん、パワハラ、ガスライティングですね
毎日大変やったんですね

まず仕事ありきなら、絶対そんな事しないはずやのになあ
バカなのそいつら(−_−;)

お母様の件は腹立つけど、会社やなく、そのおばさんの人間性やから。
そんなやつどこでもおるし、気にしたらあかんよ

今回は、いつもと違う意味で気になりました

先日オープンキャンパスハシゴしたばかりやし、姪が女子大で事務職に転職したから

大学はどちらも流石私立で綺麗でフレンドリーでした
決めるのは娘で、テスト次第だけどね
あ、娘だけでした
デカイピアスしていったの(笑)

姪は幼稚園の先生からの転職です
幼稚園は家族経営が多く、サービス残業も大変多かった
イベント事に折り紙やら細工、部屋の飾りやらが結構大変みたい
生徒が可愛いかったから頑張れたらしいけど
いのっつさん⬅すみません、今まで間違ってましたね(^◇^;)
には、会社で頑張る為の要因がなかったのね

お金は大事
今ならそう思う
1番始めに入った会社はお給料はいいけどお客さんがキツイし、先輩は厳しいし、お金とプライドを引き換えなんやと思って辞めました
でも今なら続けられるかも
すっかりおばちゃんになって図太くなったんやね

いのっつさんは、
無理に大人にならなくて、自分のペースでいいと思います
そのうち嫌でもなるからね

でも会社務め経験がある人の方が
社会人としてちゃんとしてる気がします
偏見かな?

毎度おばちゃんの戯言失礼しました
気に障る事もあるかもしれませんがすみません

律義にお返事しなくても大丈夫よ

Commented by innocentl at 2015-09-13 10:52
さとやさん

たぶん、考えがまだ若いんですよね。お金のためと割り切って心を捨てるだけの度胸とか、覚悟とか、割り切りがまだ足りていなかったんだと思います。
しかしあの環境では長くは勤められなかっただろうなぁ。

たぶん、業界としては「良い業界」なんだと思います。
会社もそうですけれど、やっぱり会社によってカラーも変わると思いますし…。

お子さんの進路、心配もあるかと思いますが、温かく見守ってあげてくださいね。
オープンキャンパスに一緒についていくなんて良いお母さんですね。一緒に回ると親の意見も聞けるからきっと進路決定の参考になると思います。


<< クズを演じる 許されること >>