百貨店

今週は仕事でミスばかり。
まぁ、足を縫うような怪我をしておいて、正常な精神状態でいられるわけがないのだが、普段ならしないようなミスを立て続けにしでかしてしまって落ち込んでいる。

「元々こんな仕事専門外だし、本当だったら広報部で仕事をしてたのに…。異動願いを出そうかどうか」と、呪いの言葉が頭の中でぐるぐると回るような1週間である。
実際向いてないなと感じるし、第二新卒枠が使えるうちに転職してしまおうか。
まぁ、何はともあれ、転職にしても異動にしても今の仕事をそつなくこなせるようになってからだろうが。


誕生日の夜は、少し早目に退社した。
しかし、別段早く帰る理由もないので、帰りに百貨店に寄り道をした。

思えば大学1年の頃からずっと使っている財布がだいぶくたびれてきて、色も褪せていたので、自分からのプレゼントということで財布を買おうとぼんやり思った。

黒か青で、少し遊び心のあるデザインで、二つ折りで、カードがたくさんしまえて…。
結局百貨店の中をぐるぐる回って、気付けば2時間近く経っていた。

長いこと悩んで、最終的にポールスミスの新作の皮財布が気に入ったので、購入することにした。
悩んだ割には、わりと早い段階で「あ、これ欲しいかも」と感じていたのだが。
僕はいつもそうなので、直感でいいと思ったら即決すればいいのに、結局一通り色々と見てしまうのである。

「誕生日なので、ラッピングをお願いします」と伝え、支払いを済ませた。
目の前で店員が包装をする様子をぼんやり眺め、商品を受け取って、帰りの電車に乗った。


買い物中に彼氏が家に来ると連絡を寄越してきたので、彼氏が最寄り駅に着くタイミングに合わせて帰宅した。

家へ来るや否や、彼氏はキッチンで何やらごそごそと作業を始め、夕飯を作ってくれた。
生ハムのサラダ、シチュー、バケット、チーズやらウインナーやら…。
家へ来る前に準備をして持ってきてくれたらしい。

ビールで乾杯し、二人でテレビを見ながら夕飯を食べた。
テレビの西川史子の発言に笑ったり、仕事の愚痴を聞いてくれたり、次に会う時の予定を立てたり。

なんて穏やかな人と一緒に過ごしているんだろう、と思って、温かい気持ちになった。
最近少し荒んでいたために、一緒に夕飯を食べる人がいる幸せを噛みしめることができた。

食後に小さなロールケーキを食べていると、彼氏がプレゼントをくれた。
てっきり夕飯とケーキが誕生日プレゼントだと思っていたので、驚いた。

プレゼントはFOSSILの時計だった。
大好きな黒の時計で、自分好みのゴツゴツとした大きな盤面。
カジュアルウォッチが大好きな自分にぴったりのプレゼントだ。


終電で彼は帰ってしまったので少し寂しかったが、誰にも会わずに一日終わってしまうかと思ったので、本当に嬉しかった。

年も重ねたので、少しくらいは成長をしたいな、と思う。
[PR]
by innocentl | 2014-11-20 22:42 | 日常 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://innocentl.exblog.jp/tb/23084968
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 不安にさせる 誕生日と怪我 >>