体調

急に冷え込んできたこともあり、先々週は体調を崩した。
熱も出たため、会社も1日休んだ。

土日も寝込んでいたのだが、彼氏が食料と、退屈しないようにということでDVDを持ってお見舞いに来てくれた。
一人暮らしの風邪は心細かったので、このお見舞いは素直に嬉しかった。
一緒にナイトメアビフォアクリスマスのDVDを見て、僕が夕食を食べるのを見届けて、彼氏は帰って行った。

その後体調も少しずつ回復したのだが、今度は身体中に発疹ができた。
痒みが激しく、手足に関しては指を曲げると痛むほどだった。
あかぎれで指を曲げる時に痛むのとちょうど同じ感覚だった。

薬局でメンタームを買い、それを塗って凌いでいたが、見る見るうちに全身に発疹が広がってしまったため、とうとう皮膚科へ行った。
皮膚科に行くのが正しい判断だったのかはわからないが、とりあえず症状の出てるのが皮膚であるのだから、という考えだ。

案の定、皮膚科では詳しいことはわからなかった。
翌日、少し離れた病院でアレルギー検査を受けることを勧められたため、気乗りしなかったが大人しく採血を受けることにした。

採血、でピンと来たため、アレルギー検査の帰りにHIVと梅毒の即日検査も受けてきた。
もちろん、セーファーセックスしかしないので心当たりなどないが、万が一に備えてである。


結果は、アレルギー検査も特に問題なく、当たり前であるがHIVや梅毒のようなSTDでもなかった。
「おそらく疲れとストレスだろう」という歯切れの悪い診断結果を受け、とりあえずは発疹を消すためのステロイドを服用することになった。

ステロイドは噂通り強い薬であるな、と感じている。
これを飲み終わる頃には、身体の発疹も綺麗に消えているといいな。
[PR]
by innocentl | 2014-11-09 22:58 | 日常 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://innocentl.exblog.jp/tb/23004293
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 現場と本部 貧困 >>