「痩せた?」



一年ぶりにセックスをした彼は、僕の身体を見て「少し痩せた?」と問いかけた。
「ジムに通い始めたから、脂肪は落ちたと思う。筋肉で体重は増えてる」と答えた。

「君は変わらないね」と言いかけたけど、彼も彼で変わったのかもしれない。
元々の彼がどんな姿だったか、すっかり思い出せないほど時間はあっという間に過ぎ、記憶が風化してしまったのかもしれない。

元々の彼の姿を強烈に胸に焼き付けているほど自分には余裕がなかったのだろう。
いつまでも子供染みた感傷に浸って過ごしていけるほど、この現代の日本で流れる時間は悠然としたものではないのだ。

東京では速足で歩かないと、たくさんの人にぶつかる。
のろのろ歩こうものなら、同じ場所から一歩も動けないほど周りは常にめまぐるしく動いている。
東京の時間もまた然り、なのだ。
いつまでも同じ場所で立ち止まっていられるほど、今の自分たちが生きている場所は優しい世界ではない。


結果として、時間をかけて打ち捨てるべき感情も、取り急いでどこかへ置いてきてしまったのだろう。
一年ぶりに彼と再会して、彼は僕が時間をかけて向き合うべき感情をもう一度僕の手元へもってきてくれた。

一年経ったから、僕も冷静に当時の感情と向き合うことができた。
旧友に会ったかのように当時の感情を迎え入れ、きちんとお別れをすることができた。

人ごみに紛れてどこかへ置き去りにしてきてしまった感情と、きちんと向き合いお別れをすることができた。

都会で暮らすと物忘れが激しくなる。
忙しすぎて、刺激が多すぎて、楽しいことはもっと楽しいことにかき消され、悲しいことももっと悲しいことにかき消される。
忘れちゃいけないことまで忘れてしまっていることも多い。

忘れっぽいと、自分をタフだと勘違いしてしまう。
きちんと感情や自分自身に向き合う時間を作っていられないだけであるのに、それを強さだと勘違いしてしまう。
そうすると幼さがアンバランスに表れてしまうので、やはり少しは自分自身との対話の時間を作ってあげることも必要なのかもしれない。


そう言えば、彼の部屋にはスーツが増えていた。
仕事を変えたのだろうか。
まぁ、今となっては知る由もないが。
[PR]
by innocentl | 2014-05-08 22:01 | 恋愛 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://innocentl.exblog.jp/tb/22097513
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ファッション We are never ev... >>