ナンパ



少し前から、ゲイ向けのアダルトビデオショップでバイトしている。
そういう店は二丁目のようなゲイタウンにしかないのかと思われがちだけど、意外とどこにでもある。
ターミナル駅の近くなら1軒は必ずあるのではなかろうか、といった具合。

もちろん関係ない人が入れないように、もともと地味なところにあったり、会員制の店だったりと工夫はされてるので、外から見ただけじゃ気づかないと思うけれども。


なんでそんなところでバイトを始めたのかというと、純粋にお金がなかったから。
就活中に全然バイトができず、貯金が底を尽きてしまった。
貯金がなくなっただけではなく、カードの支払いに追われている。
お金がないからカードを使い、バイトをしても翌月のカードの支払いでチャラになってしまう。
そこでまたお金がないからカードを使い…といった感じで、負のループにはまってしまっている。

で、なんとなく求人を見つけて、ダメ元で面接を受けたら受かってしまっただけ。


店長が気難しい人なのが玉に瑕だけど、基本的に一人で店を回すので気楽なバイト。
が、客がゲイだけということもあり、ナンパも多い。

ゲイバーで働く人(店子さん)や、クラブイベントなどのフライヤーモデルをしたり、ダンサーとしてイベントに出る人(GOGO)と違って、ただのショップ店員なのでハードルが低いのだろう。
「こいつなら俺でもなんとかできそう」感というか。

いわゆるゲイ産業の業界の中で花形の職種とは違うものなので、ボーイネクストドア感が出ているのでしょう。

それはそうとして、仕事の邪魔だけはしないでもらいたいものです。
[PR]
by innocentl | 2013-10-21 02:46 | 日常 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://innocentl.exblog.jp/tb/20859016
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 突き刺す12月と伊勢丹の息が合... 誕生日 >>