マグニチュード8.8

物凄い大地震でしたね。
阪神淡路大震災よりも大きかったとか…。

実は今日、野暮用で東北まで行っていたんです。
というか、行こうとしていたんです。
なんというバッドタイミング。

茨城あたりまで車で行ったところで、横に揺さぶられるような揺れを感じて一時停止。
ちょうど交差点にさしかかるあたりで止まったんですが、もう道路がプリンのようにグニャングニャン波打っていました。

コンクリートの道路があんな風に波打つ光景なんて初めて見たし、ユッサユッサ揺さぶられる中で「死ぬ」と思いました。

揺れが一通りおさまったところで近くにコンビニか何かがないか探していたんですが、ようやく見つけたマツキヨも店舗が半壊していたり、コンビニを見つけてもガラスが粉々に割れていたりしていました。
もう正直現実味がなさすぎて、最初は「映画みたいだなー」と思ってました。


そんな中でなんとか広めの駐車場のあるセブンイレブンを見つけ、家族に電話をするも繋がらず。
公衆電話を使ってもどこも繋がらず、電波も入らない状況に。
元々山のふもとだったってのもあると思うんですけど。

車内で友人らと途方に暮れていたら遠くで火災が発生していたようで、救急車と消防車が通り過ぎていきました。

呆然としながら、ライフラインが消失するってこんなに怖いのか、と。
重要な時に、重要な人につながらない携帯電話。
mixiとかは覗けたからある程度友人の安否の確認はできたけど、それでも役に立たない携帯電話が本当にどうしようもなくやるせない。


しばらくするとワンセグが使えるようになったので、車内で情報収集。
テレビの情報によると、どうやら自分たちは震度6強というものを体験したようで。
そこで一同改めて恐怖を実感。
建物の中にいたら確実に死んでたな、と。

関東も震度6弱だと聞いて、家族と連絡が取れないことにますます焦りを感じました。
通話はできないけどメールは送れるようだったので、とりあえず身内には無事を知らせるメールを送信。

宮城が震源地と聞いて、これ以上北上するのは危険と判断。
そのまま引き返しました。
そのときに今回の地震が東北地方太平洋沖地震と名付けられていたことを知りました。

しかし道路が地割れのため通行止めになってしまったり、高速道路が使えなかったりでさらに足止めを食らう羽目に。
けれども山奥で一夜明かすのも危険なので、意地でも帰ろうと決心して下道を使って帰宅しようとしました。


車で走ってる途中、半壊した民家や壊れた水道管が痛々しく、じわじわとこの出来事は現実のものであるということを痛感させられました。

さほど被害の大きくない地域に出てしばらくしたころに辺りが暗くなってきたのですが、明りの灯っている民家が一つもなく違和感を感じました。
つけっぱなしにしているラジオが大規模停電のことや、水道やガスが止まっていることを告げたのですが、もはや乾いた笑いしか出ませんでした。

見ろよ、信号機止まってるよ、みたいな。
ついてないじゃん、やばいじゃん、みたいな。

まだ警察も出動していなかったので、相当な緊張とともに道を進みました。


そこで母親からの着信。
家族と家は無事であることと、自分の現在地と情報を伝えて切りました。
電波がかなり悪かったので、手短に済ませました。


だいぶ南下してきたあたりで、コンビニによって小休憩。
夜も9時くらいだったので、何か腹に入れないとと思い入店するも、食料品は少しのお菓子以外は何も残っていませんでした。

お弁当もパンもおにぎりもサラダも、何もないんです。
おでんもフランクフルトも。

ちょうど混む位置のコンビニだったため、自分たちと同じような考えの人たちがたくさん寄ったようで、食料品はほぼゼロでした。
後でラジオで確認したところ、都内のコンビニもどこも似たようなものだったとのこと。

とりあえずそれぞれウィダーとクッキーのようなスナック類を買い、車内でみんなで分け合って食べました。


それからは渋滞に巻き込まれつつ、根気よく進んでようやく帰って来れました。
自分の部屋が倒れた棚や散らばったプリント類でぐちゃぐちゃになっているのを見て、どっと疲れるのと同時に「家は壊れないでくれてよかった」と安心もしました。

ずっと連絡がとれていなかった彼氏とも、ようやく連絡がとれました。
怪我をしてしまったが、大したことはないとのこと。
とりあえず安心です。


本当に、今日は忘れられない日になりそうです。
無事に帰って来れたからよかったものの、寸分の差では死んでいたかもしれないと思うともう…。
自然は怖いと思いました。

まだけっこう大きい余震が続いていて怖いですが、疲れたので寝ることにします。
みなさまもお気をつけて。


文章が支離滅裂ですが、今のうちに書き留めておきたかったので…。
[PR]
by innocentl | 2011-03-12 00:54 | 日常 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://innocentl.exblog.jp/tb/16042614
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< フィフィさんのコメント Rolling Stone >>