読書感想文

夏休みだしね。
小学生の宿題のように読書感想文でも。

一週間かけてようやく「ノルウェイの森」を読み終わりました。

ガツンと理解することはできなかったけど、なんだか感じるものはあったかな、と思いました。
村上小説はそんな感じだと色んな人に言われていたから、それでいいのかな…?

僕はちょうど作中の登場人物らと同じくらいの年齢なんですが、ワタナベには共感するところがあったかなーという感じです。
ナンパすれば百発百中だし、何人もの女と一夜限りの関係を続ける彼の退廃的な雰囲気が受け入れられない人は多いと思うんですけど。
でも生きてる人間なら性欲はあるだろうし、そこだけ断片的に見て彼の人間性を批判することはできないよなぁ…と。

性描写があけすけで、登場人物の貞操観念もなんだか一般常識とはズレてるけれども、性も死も「生」の一部だから、わざわざ特別なくくりで表現する必要もないだろうな、ということで勝手に納得してました。


それはいいとして。
あと20年くらいしたらもう一度読んでみたいな、と思いました。

作中で大学生のワタナベでは理解できないことも、月日が経ったら理解できたことがあったように、自分も年をとったらもっとこの小説が理解できるようになるんだろうなと思いました。

おわり。
[PR]
by innocentl | 2010-07-30 16:33 | 日常 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://innocentl.exblog.jp/tb/14864859
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< というわけで バイト決定 >>